ニュース

2017.5.27

トゥヘル監督の願いはただ1つ

トゥヘル監督の願いはただ1つ

第74回DFBポカール決勝に出場する両チームの監督とキャプテンが出席した試合前日会見では、DFB(ドイツ・サッカー協会)が制作した、アイントラハト・フランクフルトとボルシア・ドルトムントが決勝に勝ち上がる過程をまとめたビデオが上映された。

 

ビデオのなかで、トーマス・トゥヘル監督の記憶に残る特別な瞬間がいくつか紹介されたが、その1つがウニオン・ベルリンとの2回戦での1コマ。ウスマヌ・デンベレは「15分間ブランケットをかぶった状態で横たわり、治療を受けたあと、PK戦で1人目のキッカーを務めた」

 

1年前はポカール決勝進出が最大の目標だったが、今回はベルリンへ「勝つために来た」と指揮官は明言した。「タイトルを獲得できれば、このシーズンを特別な形で締めくくることができる。それこそ我々が心から望んでいることだ」

 

 

優勝杯と1965年、1989年、2012年の大会覇者の間に横たわるのは、90分間、場合によっては120分間の死闘だ。「フランクフルトに対しては、全力での戦いが求められる。完全な準備をして、限界を超えて戦わなければならない」とマルコ・ロイスは強調した。トゥヘル監督は、相手を「競り合いに非常に強く、フィジカルに恵まれたチーム」と評し、次のように続けた。「彼らを相手に得点のチャンスをつくり出すのは難しい。主導権を奪い、試合を支配したい。目標達成のためには、効果的なサッカーをする必要がある」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
2012年:香川の活躍で初の2冠達成
オーバはフランクフルトの天敵
ベルリンのテロ事件現場に花束を
決勝の大舞台で2ゴールを挙げた2人の英雄
「タイトル獲得以上に素晴らしいものはない!」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

2017.6.23

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

ボルシア・ドルトムントは1957年6月23日に新たな歴史をつくった。ヘルムート・シュナイダー監督率いるチームが成し遂げた空前の偉業は、それから60年が経った今も繰り返されてい 続きを読む>>

浦和戦まであと21日!

2017.6.23

浦和戦まであと21日!

ボルシア・ドルトムントが浦和レッズと対戦する7月15日(土)の「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」まで、いよいよあと21日!   続きを読む>>

負傷のゲレイロ、骨折は回避

2017.6.22

負傷のゲレイロ、骨折は回避

ボルシア・ドルトムントにポルトガル代表チームから連絡が届き、コンフェデレーションズカップのロシア戦で足首を痛めたラファエウ・ゲレイロは打撲で済んだことが判明。骨折でなかったの 続きを読む>>