ニュース

2017.4.14

トゥヘル監督がチームを称賛、ロイスは次戦で復帰へ

トゥヘル監督がチームを称賛、ロイスは次戦で復帰へ

UEFAチャンピオンズリーグのモナコ戦後、最初の練習でのこと。トーマス・トゥヘル監督はこう語った。「またサッカーを楽しめるよう、普通にプレーできるように道を模索していく必要がある」。各選手は難しい状況と向き合わなければならない。「簡単に忘れられることではない」。それでも、選手たちにはあらゆるサポートが約束されている。

 

木曜日の練習はランニングと体力回復メニュー。コーチ陣は、超現実的な状況下で行われた水曜日の試合でのパフォーマンスについてフィードバックを提供した。トゥヘル監督はこう総括している。「前半の出来はかなり良く、後半の出来は極めて良かった。チームを大いに褒めた」

 

選手たちには金曜の昼食時まで休養が与えられる。その後、アイントラハト・フランクフルトとホームで戦う土曜日のブンデスリーガの試合(日本時間15日22時30分キックオフ)に向けて準備を開始。トゥヘル監督いわく、フランクフルトは「非常にやっかいな相手」であり、「今季は長い間好調を保っている」が、キープレーヤーの長谷部を含む主力の故障により「シーズン後半戦は思うように結果を出せていない」。とはいえ、BVBの指揮官は警戒を怠っていない。「彼らの守備は注意力を備え、非常にコンパクト。あの最終ラインを突破して得点のチャンスをつくるのは簡単ではない。いいアイデアといいソリューションが必要だ」

 

 

そのためにはマルコ・ロイスのような選手が必要になる。ロイスは(靭帯のケガで)戦列を6週間離れているが、金曜日の最終練習で問題がなければ今週末復帰する見込みだ。トゥヘル監督もスターの復帰を心待ちにしている。「先発メンバーに加えられるかもしれない。そうなればチームに活気が生まれる」。ゴンサロ・カストロ(内転筋)は金曜日に状態を判断。モナコ戦で軽傷を負ったラファエウ・ゲレイロとクリスティアン・プリシッチ、そして(軽い感染症にかかった)ヌリ・シャヒンとエムレ・モルも試合に間に合いそうだ。そしてマルク・バルトラについては「腕にギプスをしてでも試合に出たがっているだろう」とコメント。全治4週間と診断されたバルトラが復帰を少しでも早めるために全力を尽くすことだけは間違いない。

 

BVBの選手たちは「可能な範囲で最高レベルのプレーをしたいと願っているが、それができるのは心に心配ごとがないときだけだ」とトゥヘル監督は付け加えた。だからこそ、特に頼りになるのは「現状をよく理解してくれている観客であり、きっとアイントラハト戦でも助けになってくれるだろう」。モナコ戦でのコレオグラフィーには、指揮官も感動したようだ。「スタンド中に広がったBVBのロゴを90分丸々見られたのは、最高にファンタスティックだった!」。土曜日はファンと共に「試合に勝てるだけのパフォーマンスを見せる」と監督は約束した。

 

【関連記事】
寄り添ってくれた皆さんに心から感謝!
BVBからの日本のファンにメッセージ
「勇気と精神力を示すことができた」
2-3:香川のゴールも実らず、モナコが逃げ切る
バルトラの経過は良好、チームの勝利を祈念

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バイグルが練習再開、見学者は2000人以上

2017.8.23

バイグルが練習再開、見学者は2000人以上

まぶしい太陽が照りつけるなか、22日に行われたボルシア・ドルトムントの公開練習を見学に訪れたファンは2000人以上。戦列を離れていたユリアン・バイグルも久しぶりにピッチに姿を 続きを読む>>

ツビカウとの親善試合は10月に開催

2017.8.23

ツビカウとの親善試合は10月に開催

8月13日に予定されていたFSVツビカウとの親善試合は、ザクセンの秋休み期間である10月2日から14日のいずれかに行うことでクラブ間合意に達した。 & 続きを読む>>

H.I.S.がバイエルン戦にて特別ツアーを開催!所属選手との面会イベントも開催!

2017.8.21

H.I.S.がバイエルン戦にて特別ツアーを開催!所属選手との面会イベントも開催!

BVBのトラベルパートナーH.I.S.がシーズン最大のビッグマッチ、バイエルン・ミュンヘン戦の特別ツアーを発売した。ドイツ国内はもちろん、全世界200以上の国・地域で放送され 続きを読む>>