ニュース

2016.10.25

トゥヘル監督、3選手の出場に疑問符

トゥヘル監督、3選手の出場に疑問符

水曜日のDFBポカール2回戦(日本時間27日3時45分キックオフ)でホームにウニオン・ベルリンを迎えるボルシア・ドルトムントは、ヌリ・シャヒンとソクラティスだけでなく、出場停止処分がこの大会には該当しないエムレ・モルも戦列に復帰する。だがその一方で、攻撃陣の3選手に欠場の可能性が浮上してきた。

 

クリスティアン・プリシッチとウスマヌ・デンベレ、ピエール=エメリク・オーバメヤンが25日の練習を回避しており、トーマス・トゥヘル監督は「非常に残念な知らせだ。3人とも出場が危ぶまれている」と明かした。「うち2人は病気で、オーバはインゴルシュタット戦でふくらはぎに打撲を負った」。筋肉を痛めたBVBのチーム得点王について、トゥヘル監督は「明日様子を見る必要がある」と付け加えた。

 

 

とはいえ、故障者が相次いでいるBVBの不安は、間もなく解消する見通しとなった。まず、マルセル・シュメルツァーとラファエウ・ゲレイロは個別メニューで練習を再開。アンドレ・シュールレと共に精密検査を受けたゲレイロは、木曜から全体練習に合流する可能性が高まった。一方、マルコ・ロイスも今日から部分的に全体練習に復帰しており、「負荷を抑え、コンタクトを制限した」トレーニングを実施。「まだ強度は低いものの、問題なく練習が行えるようになったのは朗報だ」とトゥヘル監督は説明した。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
BVBが劣勢からの勝ち点獲得に満足していない理由
『BVB World』Episode9
『BVB World』Episode10

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>