ニュース

2017.3.4

トゥヘル監督、チームの仕上がりに自信

トゥヘル監督、チームの仕上がりに自信

シュポルトフロインデ・ロッテ戦の延期に伴い、ボルシア・ドルトムントのトレーニングプログラムも変更された。トーマス・トゥヘル監督は3日、「練習とリカバリーに使える時間が長くなった。練習時間が増え、非常にいいトレーニングができている」と語った。

 

とはいえ、その時間的余裕は前倒しで与えられただけに過ぎず、2週間後にはFCインゴルシュタットを迎える次のホームゲームまでの間隔が短縮。しかもインゴルシュタット戦は金曜日(日本時間18日4時30分キックオフ)に行われるため、DFBポカール準々決勝の72時間後にはブンデスリーガの試合を戦わなければならない。「準備はできていた」と強調したトゥヘル監督。延期されていたロッテでの一戦は、3月14日に開催されることが決定している。

 

ただし現在のチームは、間違いなくフィジカルコンディションの差が勝負を分けるバイヤー04レバークーゼンとの試合に「フレッシュかつ最高の状態」で臨むことができそうだ。「レバークーゼンはプレーが非常に激しく、攻撃的なチームだ。運動量が多く、厳しいタックルもいとわない。我々としてはそういったフィジカル勝負に対応するだけでなく、ボールを動かしながら解決策を見出さなければならない」。そう指摘したトゥヘル監督は、現在のブンデスリーガの順位でレバークーゼンを評価するつもりはないと付け加えた。シーズン開幕前にはハンス・ヨアヒム・バツケCEOも、BVBがチャンピオンズリーグ出場権を争う「最大のライバル」にレバークーゼンの名前を挙げている。「最近の調子などは忘れ、最高の状態のバイヤー・レバークーゼンと戦うつもりでいなければならない。極めて戦いにくく、敵陣内でボールを支配しようとする厄介な相手とね。我々も集中して厳しくプレーし、すべての力を出し尽くす必要がある。さもなければ勝つチャンスなどない」

 

トゥヘル監督の手元には、スベン・ベンダーとマリオ・ゲッツェ、セバスティアン・ローデを除くすべての駒が揃っている。「現時点でやや遅れを取っている選手たちも、非常に高い意識で練習に取り組んでいる」とトゥヘル監督は続けた。「今はチームの状態もよく、明日は自分たちらしいサッカーをお見せできると確信している」

 

文:ボリス・ルパート

 

トーマス・トゥヘル監督のインタビュー全容はBVBtotal!で視聴可能

 

【関連記事】
・BVB対レバークーゼン、直接対決では互角
・ロッテ戦は3月14日にオスナブリュックで開催

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

2018.4.22

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

続きを読む>>

ロイスは8試合で5ゴール

2018.4.22

ロイスは8試合で5ゴール

ボルシア・ドルトムントはレバークーゼンに4-0と快勝し、ペーター・シュテーガー体制下での最多得点差勝利を収めた。シュート数でも17対9と圧倒していただけに、勝利も得点差も妥当 続きを読む>>

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

2018.4.22

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第31節で攻守に出色のパフォーマンスを披露し、3位の座を争うバイヤー04レバークーゼンとの直接対決に4-0(前半1-0)で圧勝。来シーズ 続きを読む>>