ニュース

2018.6.8

デンマーク代表MFディレイニーを獲得

デンマーク代表MFディレイニーを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、26歳のデンマーク代表トーマス・ディレイニーを同じブンデスリーガのSVベルダー・ブレーメンから獲得した。

 

アメリカ人の父とデンマーク人の母を持つディレイニーは、FCコペンハーゲン時代にチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを経験。昨年夏にブレーメンに加入すると、すぐに守備の中央でチームに欠かせない存在となった。昨シーズンはブレーメンでリーグ戦32試合に出場し、3ゴール5アシストを記録。守備では妥協を許さぬプレーに徹し、リーグで4番目というブレーメンの失点数の少なさにも貢献した。

 

「ボルシア・ドルトムントにはデンマーク代表が活躍してきた歴史がある。トーマス・ディレイニーはフィジカルだけでなく気持ちも強い選手であり、そのオープンな性格と勝利への確固とした意志は、BVBにも完璧にフィットするはずだ。その存在感で我々のサッカーをさらに高めてくれるだろう」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは話した。

 

デンマーク代表で26試合に出場経験があるディレイニーは7日にメディカルチェックを受け、2022年6月30日までとなる契約にサインした。「実は以前からイングランドのプレミアリーグでプレーしてみたいという希望があり、実際にいくつかオファーも受けていた」と打ち明けたディレイニー。「でもボルシア・ドルトムントから連絡をもらったときは、もう即決したよ。BVBはヨーロッパで10本の指に入るクラブであり、ドイツの2強の1つ。それに間違いなくヨーロッパで一番のスタジアムを持っているしね! 毎試合、常に気持ちを込めて戦うことを約束するよ。ワールドカップが迫っているけど、もう今からBVBでサッカーをするのが待ち遠しい。ブラック&イエローの一員として1つか2つ、タイトルも手にできたらいいね」

 

【関連記事】
MFマリウス・ボルフが長期契約で加入
BVB新監督にルシアン・ファブレ氏
スイス人GKヒッツを獲得

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>