ニュース

2018.12.6

ディレイニー:ユーモアあふれるモダンなMF

ディレイニー:ユーモアあふれるモダンなMF

トーマス・ディレイニーがルール・ナヒリヒテンの「ブラック&イエロートーク」に出演し、ユーモアセンスを披露しながらFCシャルケ04と戦うダービー(日本時間8日23日30分キックオフ)について語った。

 

ディレイニーがBVBに来て5カ月以上になる。デンマーク代表MFは新しいチームや環境に素早く馴染んだ。「リーダーとして振る舞っている」。トークショー「19:09 – ブラック&イエロートーク」の第19回に出演したディレイニーは、このように語った。

 

 

今夏ベルダー・ブレーメンからやって来たMFは、その後の20試合中16試合に出場。重要な戦力として認められている。中盤でのハードワークと強いメンタルを売りにし、なおかつ統率力を備える。サッカー選手になっていなければF1ドライバーになっていたというディレイニーは、いい選手というだけでなく「いい人」でもある。気取らず、気さくで面白いという人間性は画面からも十分に伝わった。ミヒャエル・ツォルクがディレイニーを2000万ユーロ(約25億6000万円)で引き抜いてから、BVBは見違えて良くなったのではないかと聞かれると、「僕は『トーマス・ディレイニーが来たからBVBがこんなに良くなった』なんて言う人間じゃないよ」と答えつつ、一瞬間を置いてからニヤリとしてこう続けた。「でも確かにそうだよね」

 

ディレイニーが聴衆を爆笑させたのは、これが初めてではない。若手が大勢いるクラブでやっていくのはどんな感じかと聞かれると、27歳はウインクして答えた。「犬を10匹連れて散歩しているようなものさ」。ピッチでもよくしゃべっているようで、誰も聞く耳を持たなくても構わないと言う。「誰かが聞いてるかなんてどうでもいい。自分にとって大事なことなんだ」。それ以外に、サッカー選手として重要だと考えていることとは?「ウィキペディアに僕についていいことが書かれた状態で引退できるように、頑張っているんだ」

 

 

そうなる可能性は今のところ高そうだ。母国のクラブ、FCコペンハーゲンでリーグ優勝5回、カップ戦優勝4回を経験した。来年5月にはブンデスリーガのタイトルを手にできるだろうか?「それは目標ではない」とディレイニーは言う。「むしろ夢だね。最後までこの調子で続くといいね。僕が言い切れるのは、僕らはタイトルに飢えているということだけさ」

 

元記事:ruhrnachrichten.de トビアス・ヨーフレン

 

【関連記事】
ロイヤル・ブルーズ VS ブラック&イエロー
ファンとのクリスマスパーティー
BVBのスターが小児病院を訪問

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

2018.12.15

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

偉大なBVB戦士とのお別れの時がやって来た。ベルダー・ブレーメンをホームに迎える土曜日の試合を前に、8万1365人の観客に埋め尽くされる見込みのジグナル・イドゥナ・パルクで、 続きを読む>>