ニュース

2017.8.11

ツビカウとの親善試合は延期

ツビカウとの親善試合は延期

ボルシア・ドルトムントとFSVツビカウは、8月13日に3部ツビカウのスタジアムで行われることになっていた親善試合を延期することで合意した。昨シーズンのDFBポカール覇者であるBVBは今ケガ人が多く、しかもフライブルクでFCリーラジンゲン=アーレンと戦うポカール1回戦の翌日ということで起用できない選手も出てくることから、レベルの高いメンバーを揃えられる保証がないというのが、その理由だ。

 

「親善試合とはいえ強いメンバーで臨まなければならないと感じていたのだが、今の状況ではそれが保証できない」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは説明した。「日曜日の試合に対するそういった不安をツビカウの関係者に率直に伝えた。直前の相談にもかかわらず、快く試合延期を提案してくれた彼らに感謝したい。戦力が揃い次第、なるべく早く彼らのスタジアムに出向くつもりだ。できれば9月の代表マッチウィークの前にね」

 

ツビカウのスポーツ&試合運営担当ヨルク・シャーデ氏は、BVBの苦しい状況に理解を示した。「BVBが率直に打ち明けてくれたことにむしろ感謝している。少し日程が遅れたとしても、我々のサポーターや地元のサッカーファンのためには強いチームを迎えるほうがいい。より魅力的なチームと対戦できることになるのだからね」

 

親善試合の新たな日程については両チームで綿密に調整したのち、できる限り早く発表する。購入済みのチケットはそのまま延期後の試合で有効となる。

 

【関連記事】
DFBポカール1回戦の予想スタメン
ベステがDFBポカール遠征メンバー入り
ローデとトプラクが短期離脱

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

2017.8.20

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

VfLボルフスブルクとアウェーで戦ったブンデスリーガ第1節は、あらゆる点でボルシア・ドルトムントのほうが上回っていた。ゲームの3分の2を支配したほか、13本のシュートを記録( 続きを読む>>

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017.8.20

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017年1月29日以来、マリオ・ゲッツェが久々に公式戦でプレーした。VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ今季初戦で、ゲッツェは実力を発揮。BVBの先制点をアシストしたほか 続きを読む>>

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

2017.8.20

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦に 続きを読む>>