ニュース

2020.10.13

セバスティアン・ケールが契約延長

セバスティアン・ケールが契約延長

ボルシア・ドルトムントは12日、有資格選手部門責任者のセバスティアン・ケールとの契約を2022年6月30日まで延長しました。

 

「我々はセバスティアンに満足しており、スポーツ面の全ての決断プロセスにおいて積極的に彼と関わっていきます」とハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOはコメントしています。

 

またミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っています。「初日から私たちあお互いを信頼して仕事をしてきました。私たちは彼の仕事を高く評価しています。ですから契約延長は論理的なステップでした」

 

セバスティアン・ケールはドルトムントを象徴する人物の一人であり、BVBで2002年、2011年、2011年にブンデスリーガを制覇、2012年にはDFBポカール優勝を達成しています。長年キャプテンを務めたケールは2015年の引退後、UEFAで指導者としてAライセンスを取得。2018/19シーズンのスタートからはクラブの有資格選手部門責任者を務めています。

 

「クラブからの信頼に感謝します」とケールはコメントしています。「これは私にとって重要かつポジティブなシグナルです。2022年までの戦略的、スポーツ的な道のりが確かなものとなったことを喜んでいます。パンデミックの中の難しい状況ですが、ボルシア・ドルトムントの成功のための仕事を毎日楽しんでいます」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アカンジ、ホーランド、フンメルスのゴールでシャルケを撃破

2020.10.25

アカンジ、ホーランド、フンメルスのゴールでシャルケを撃破

ボルシア・ドルトムントは24日、シャルケとの伝統のルールダービーを3-0で制した。ジグナル・イドゥナ・パルクにライバルを迎えたBVBは後半にアカンジ、ホーランド、フンメルスが 続きを読む>>

シャルケ戦のチーム&ゴール

2020.10.25

シャルケ戦のチーム&ゴール

ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムント 3-0 (0-0) FCシャ 続きを読む>>

U-23チームのフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦が延期に

2020.10.24

U-23チームのフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦が延期に

10月25日に予定されていたボルシア・ドルトムントU-23とフォルトゥナ・デュッセルドルフU-23の試合が延期 続きを読む>>