ニュース

2021.11.25

スポルティングに敗れチャンピオンズリーグ敗退

スポルティングに敗れチャンピオンズリーグ敗退

ボルシア・ドルトムントは24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でスポルティングに1-3で敗れ、最終節を残してグループステージ敗退が決まった。前半に2点を先行されると後半もエムレ・ジャンが退場し数的不利になるなど反撃できず、敵地で完敗を喫した。

 

勝ち点6で並びグループ2位通過を狙う両チームの直接対決は、3分にロイスが相手ゴールキーパーの正面を突くシュートを放つなど、立ち上がりから両者がアグレッシブにゴールを狙う姿勢を見せた。その後は徐々に膠着状態となり大きなチャンスは生まれなかったが、30分にスポルティングが均衡を破る。ロングパスをシュルツがクリアできず流れたボールにペドロ・ゴンサウヴェスが走り込み、コベルとの1対1を制してシュートを流し込んでホームチームが先手を取った。

 

さらに39分にもペナルティエリア内でパス交換を許し、最後はゴール前中央から再びペドロ・ゴンサウヴェスに鮮やかなシュートを叩き込まれてリードを2点に広げられた。直後にはマレンが相手ゴールキーパーをかわしてシュートを放ったがゴール直前でブロックされ、0-2のスコアでハーフタイムを迎えた。

 

後半開始と同時にローゼ監督はシュルツに代えてエムレ・ジャンを投入した。48分、スポルティングに速攻を許しペナルティエリア内でフリーになったサラビアにシュートを許したが、コベルがファインセーブでしのぎ失点は免れた。

 

54分には相手のオウンゴールで1点を返したかと思われたが、その前にオフサイドがありノーゴールと判定されてしまう。74分にはエムレ・ジャンが報復行為によりレッドカードを受けてさらに厳しい状況に追い込まれると、81分にザガドゥがペナルティエリア内で相手選手を倒してPKの判定。一度はコベルがストップしたが、こぼれ球を押し込まれてダメ押しの3点目を許した。

 

アディショナルタイムにマレンが1点を返したが、時すでに遅し。敵地で1-3で敗れて勝ち点3差をつけられ、グループステージ敗退が決まった。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

2022.1.19

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

ボルシア・ドルトムントは18日、敵地でザンクト・パウリとのDFBポカール・ラウンド16に1-2で敗れ、準々決勝に駒を進めることはできなかった。立ち上がりに先制を許すとハーフタイム前にリードを 続きを読む>>

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

2022.1.19

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

DFBポカール・ラウンド16 ザンクト・パウリ 2-1 ボルシア・ドルトムント   続きを読む>>

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

2022.1.17

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第72回を公開!   いつもよりスピードが増した気がする! マルコロー 続きを読む>>