ニュース

2019.2.12

スパーズは決勝Tでホーム未勝利

スパーズは決勝Tでホーム未勝利

今季UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の対戦のうち、各国リーグ王者を含まないのは2つのみ。ボルシア・ドルトムント対トッテナム・ホットスパー(昨季プレミアリーグ3位)はその1つだが、トッテナムは欧州クラブランキング19位につけており、BVBは11位で、しかも現在ブンデスリーガ首位。ハイレベルな欧州カップ戦の対戦となる。

 

トッテナム情報
・グループステージ第6節でバルセロナとのアウェーゲームを1-1のドローに持ち込み、グループB 2位での16強入りを決めた。
・UCL決勝トーナメントのホームゲームで勝ったことがない。これまでの3試合は1分け2敗に終わっており、計1点しか奪えていない。
・それでも2010-11シーズンはACミランをアウェーで破り、準々決勝進出を果たしている。
・2016年のUEFAヨーロッパリーグの対戦でBVBに敗れるまで、ドイツ勢に対してホーム無敗(6勝1分け)を誇っていた。
・決勝トーナメントでドイツ勢を4回退けているが、直近2回を含む3回で敗退している。

 

BVB情報
・グループAを4勝1分け1敗の成績で首位通過。ブリュージュとモナコにアウェーで勝っている。
・UCLのラウンド16を3回突破しており、敗退したのは1度のみ(2014-15シーズン、相手はユベントス)。
・決勝トーナメントでイングランド勢と6回顔を合わせており、3回勝ち上がった一方、3回で敗退。

 

対戦情報
・過去に4試合で戦っているが、いずれもここ3年での対戦。
・2015-16シーズンのUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16で、BVBはマルコ・ロイスの2ゴールなどによりホームで3-0と快勝。敵地ホワイト・ハート・レーンでも2-1の勝利を収めた。
・だが、2017-18シーズンのUCLグループステージではトッテナムが2勝。ウェンブリーではソンとケイン(2点)が決めて3-1、ドルトムントでも同じ2人が1点ずつを奪い2-1で勝利している。

 

【関連記事】
対イングランド勢の勝率は5割

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>