ニュース

2018.6.26

シーズンチケットを500席分追加

シーズンチケットを500席分追加

ボルシア・ドルトムントは2018-19シーズンに向けて、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクのシーズンチケットホルダー席を55000席から55500席に増やすことを決めた。これは多くのサポーターがシーズンチケットのキャンセル待ちをしている状況を緩和するための措置となる。

 

BVBは2018-19シーズンより、スタンド席およびイス席エリアのシーズンチケットホルダー席を、250席ずつ増やす。これにより、キャンセル待ちリストの上位で長らくシーズンチケットが回ってくるのを待っていたサポーターも、ようやくその権利を得られることになった。シーズンチケット保持者およびクラブからの返却分242席を含め、742席が新たなサポーターに割り振られる。割り当てを受けたサポーターは7月から申し込み可能。

 

さらにクラブは、ホームゲームの観戦チケットを本当に試合を見たい人に割り振るべく、新たな措置も導入予定。来シーズン、自らジグナル・イドゥナ・パルクで観戦、もしくは合法的な手段で譲渡するなどしてチケットを活用したホームゲームが10試合より少なかったシーズンチケットホルダーは、2019-20シーズンを前にその権利をクラブに返上しなければならなくなる。

 

ブンデスリーガの他のクラブもすでに同様の措置を導入している。その目的はただ1つ。スタンドに空席をなくし、満員の観客にチームをサポートしてもらいたいからだ。

 

【関連記事】
シーズンチケットは約5万人待ち

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>