ニュース

2018.7.11

シーズンチケットを新たに割り当て

シーズンチケットを新たに割り当て

ジグナル・イドゥナ・パルクのシーズンチケット獲得待機リストに長らく名前が載っていたサポーターの一部が、ようやく念願のシーズンチケットを手にできることになった。

 

シーズンチケット保持者およびクラブからの返却分242席に加え、ボルシア・ドルトムントは新たに500席のシーズンチケットホルダー用席の追加をすでに発表。トータル742席が、待機リストに名を連ねていたサポーターたちに割り振られることになっていた。

 

この結果、座り席では426人目、立見席では313人目までが新たにシーズンチケットを獲得。管理上の問題から、座席の指定はできない。

 

 

「我々の目標は最初から変わらず、シーズンチケットの割り振りを可能な限り公正かつ透明に行うことだ」とBVBのチケット担当マティアス・ナベルスニクは話した。「シーズンチケットのオファーが拒否された場合は、待機リストにいる次の人にその権利が移る。サポーターのなかには、BVBの試合をある決まった座席から見たいという人もいるが、我々としては座席の位置に関係なく、すべてのファンに情熱を持ってBVBを応援してほしいと思っている。新しいシーズンチケットホルダーと共に、2018-19シーズンのホーム初戦を迎える日を楽しみしている」

 

待機リストのなかで新たにシーズンチケットを手にできる幸運を得たファンには、メールでその旨連絡が行くほか、近日中に契約書類が送られる予定。14日以内に書類に記入して郵送、ファックス、またはEmailで返信し、2018年8月1日までに支払いを済ませれば、シーズンチケットが郵送される。

 

【関連記事】
シーズンチケットを500席分追加

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ボールを失う度に速攻を許した」

2018.9.23

「ボールを失う度に速攻を許した」

ボルシア・ドルトムントは22日の試合で 続きを読む>>

強い気持ちで勝ち点1を獲得

2018.9.23

強い気持ちで勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントはまたしても精神力の強さを見せつけ、 続きを読む>>

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

2018.9.23

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

ボルシア・ドルトムントがTSGホッフェンハイムの本拠地に乗り込んだ試合で、アウェー席の一部のファンから容認しがたい行為が見られた。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは試合中にホッ 続きを読む>>