ニュース

2017.3.12

シュールレ:「ちょっとしたことが決め手になった」

シュールレ:「ちょっとしたことが決め手になった」

アンドレ・シュールレがベルリンでの試合後にBVBtotal!のインタビューに応じ、チーム、そして彼自身の決定力不足を嘆いた。シュールレは「立ち上がりにゴール前に抜け出したとき決めておくべきだった」と反省。「あらゆる面でフラストレーションのたまる午後」になったと認めた。

 

今日のヘルタBSC戦のキーポイントはどこだったと思いますか?
「今日はちょっとしたことが決め手になってしまった。まずは立ち上がりの、僕がゴール前に抜け出した場面だ。あれは決めておくべきだった。決めていれば展開は変わっていたし、僕らはずっと楽に戦えただろう。続いて愚かな失点をしてしまったけど、たまにはそういうこともある。僕は誰を責めるつもりもないよ。後半はいいサッカーをし、チャンスをたくさんつくった。2-1や3-1でリードすることもできたはずだ。そうしていれば、試合を決めることができたのにね。けど、残念ながら僕らはチャンスを生かせず、めぐりめぐって最後は鮮やかなフリーキックを決められてしまった。本当に無念だよ」

 

 

ヘルタはホームでリーグ最高の成績を残していますが、何が要因だと思いますか?
「彼らは対戦するのがものすごく難しいチームだ。絶えず食らいついてくるし、タックルに強く、ヘディングに競り勝つことが多い。本当にうまく戦っている。どういうわけか、自分たちのペースに巻き込むのがうまい。1-0や2-1でリードされると、追いつくのは本当に難しい。そうなると彼らは守備に人数をかけ、体を張って守るんだ。それはわかっていた。だからこそ、チャンスを生かせなかったのが残念でならないんだ」

 

順位表のことを考えると、ますます残念ではないでしょうか?今日は順位の近いチームが揃って勝ち点を取りこぼしています。
「そうだね、それも残念だよ。勝っていれば足場を固め、一息つけたはずだからね。現実には混戦状態になってしまった。あらゆる面でフラストレーションのたまる午後だよ」

 

【関連記事】
ヘルタに先制されると苦しいBVB
トゥヘル監督:「非効率な戦いで勝ち点3を逃した」
1-2:激戦の末、ベルリンでヘルタに敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

2017.7.23

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

ゴンサロ・カストロとクリスティアン・プリシッチが85分と86分に得点し、ボルシア・ドルトムントはVfLボーフムに2点を先行されながらも2万4000人を集めたルールシュタディオ 続きを読む>>

ダフートとフィリップも練習始動

2017.7.22

ダフートとフィリップも練習始動

U-21ドイツ代表として、この夏のU-21 EUROで優勝したマフムート・“モー”・ダフートとマキシミリアン・フィリップが21日、ボルシア・ドルトムント加入後初めてチーム練習 続きを読む>>

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

2017.7.21

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

  ウカシュ・ピシュチェクがボルシア・ドルトムントにやって来て丸7年、気がつけばチーム内では年長者となり、当時のチームメートも数えるほどになった。しかし、その 続きを読む>>