ニュース

2018.3.12

シュメルツァー:「余計に嬉しかった」

シュメルツァー:「余計に嬉しかった」

3-2と競り勝ったアイントラハト・フランクフルト戦でボルシア・ドルトムント通算135勝目を挙げ、歴代所属選手のブンデスリーガ勝利数で5位に浮上したマルセル・シュメルツァー。BVBのキャプテンは「自分のミスから2-2に追いつかれていただけに、この勝利はとても嬉しい」と語った。

 

「90分に同点ゴールを許して最悪の気分だったからこそ、試合が終わった瞬間に勝利を喜べたのが余計に嬉しかった。ホームで、しかも強力なライバルを下したのだからね。その点については喜んでいいと思う。フランクフルトは長身選手が多い上、パパ(ソクラティス)が投入されるまで、うちにはヘディングに強い選手が2人しかいなかったので、セットプレーでの守備が本当に難しかった。2点目を奪われた場面では、クロスを入れた選手へのパスを僕がインターセプトしていなければいけなかった」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
リーグ通算順位で3位に浮上
「必死に反撃した!」
フィリップ:「誰もが終わったと思った…」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ボールを失う度に速攻を許した」

2018.9.23

「ボールを失う度に速攻を許した」

ボルシア・ドルトムントは22日の試合で 続きを読む>>

強い気持ちで勝ち点1を獲得

2018.9.23

強い気持ちで勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントはまたしても精神力の強さを見せつけ、 続きを読む>>

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

2018.9.23

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

ボルシア・ドルトムントがTSGホッフェンハイムの本拠地に乗り込んだ試合で、アウェー席の一部のファンから容認しがたい行為が見られた。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは試合中にホッ 続きを読む>>