ニュース

2018.3.12

シュメルツァー:「余計に嬉しかった」

シュメルツァー:「余計に嬉しかった」

3-2と競り勝ったアイントラハト・フランクフルト戦でボルシア・ドルトムント通算135勝目を挙げ、歴代所属選手のブンデスリーガ勝利数で5位に浮上したマルセル・シュメルツァー。BVBのキャプテンは「自分のミスから2-2に追いつかれていただけに、この勝利はとても嬉しい」と語った。

 

「90分に同点ゴールを許して最悪の気分だったからこそ、試合が終わった瞬間に勝利を喜べたのが余計に嬉しかった。ホームで、しかも強力なライバルを下したのだからね。その点については喜んでいいと思う。フランクフルトは長身選手が多い上、パパ(ソクラティス)が投入されるまで、うちにはヘディングに強い選手が2人しかいなかったので、セットプレーでの守備が本当に難しかった。2点目を奪われた場面では、クロスを入れた選手へのパスを僕がインターセプトしていなければいけなかった」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
リーグ通算順位で3位に浮上
「必死に反撃した!」
フィリップ:「誰もが終わったと思った…」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>