ニュース

2017.9.11

シュメルツァー、足首の靭帯を部分断裂

シュメルツァー、足首の靭帯を部分断裂

ボルシア・ドルトムントのキャプテン、マルセル・シュメルツァーが9日のSCフライブルク戦で足首の外側側副靭帯を部分断裂し、約6週間の離脱を余儀なくされることになった。

 

シュメルツァーはまったく同じ負傷で7週間の離脱を強いられていたが、ようやく戦列へ復帰したフライブルク戦の27分にヨリク・リベのタックルで再負傷した。

 

一方、同じ試合で負傷交代したマルク・バルトラは、内転筋を痛めたことが判明している。

 

 

【関連記事】
気持ちを切り替え、トッテナム戦へ
3戦連続で無失点
「1点を奪う時間は十分にあった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>