ニュース

2017.9.11

シュメルツァー、足首の靭帯を部分断裂

シュメルツァー、足首の靭帯を部分断裂

ボルシア・ドルトムントのキャプテン、マルセル・シュメルツァーが9日のSCフライブルク戦で足首の外側側副靭帯を部分断裂し、約6週間の離脱を余儀なくされることになった。

 

シュメルツァーはまったく同じ負傷で7週間の離脱を強いられていたが、ようやく戦列へ復帰したフライブルク戦の27分にヨリク・リベのタックルで再負傷した。

 

一方、同じ試合で負傷交代したマルク・バルトラは、内転筋を痛めたことが判明している。

 

 

【関連記事】
気持ちを切り替え、トッテナム戦へ
3戦連続で無失点
「1点を奪う時間は十分にあった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>