ニュース

2016.10.16

シュメルツァー、内転筋の負傷で離脱

シュメルツァー、内転筋の負傷で離脱

ボルシア・ドルトムントはマルセル・シュメルツァーを2週間欠くことになった。BVBのキャプテンを務める28歳は、金曜夜にヘルタBSCと引き分けた一戦で内転筋を負傷した。

 

シュメルツァーはヘルタ戦の71分に負傷交代を余儀なくされ、UEFAチャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦とブンデスリーガのインゴルシュタット戦、さらにDFBポカール2回戦のウニオン・ベルリン戦を欠場する見通しとなった。ただし順調に回復できれば、宿敵FCシャルケ04をホームに迎える今月末のダービーマッチに間に合う可能性もある。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
4000万人目の来場者はリダー=ブラウンさん
ドルトムントがイングランドとの“クラシカー”の舞台に

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

1965年:試合以上に注目を集めたキックオフ前の事件

2017.5.24

1965年:試合以上に注目を集めたキックオフ前の事件

ボルシア・ドルトムントは3日後、1965年、1989年、そして2012年以来4度目となるDFBポカール優勝のチャンスに挑む(日本時間28日3時キックオフ)。今から52年前、新 続きを読む>>

記録破りの優勝に

2017.5.23

記録破りの優勝に

ボルシア・ドルトムントU-19チームのフェリックス・パスラック、ゼニス・ブルニッチ、ヤン・ビニアス、さらに負傷で長期離脱を余儀なくされていたパトリック・フリッチュとシャヒン・ 続きを読む>>

U-19チーム、PK戦を制してAジュニア選手権連覇

2017.5.23

U-19チーム、PK戦を制してAジュニア選手権連覇

ボルシア・ドルトムントのU-19チームがFCバイエルン・ミュンヘンのU-19チームを退けてドイツAジュニア選手権のタイトル防衛に成功し、通算7度目の優勝を決めた。ジグナル・イ 続きを読む>>