ニュース

2017.11.18

シュツットガルト戦の主なスタッツ

シュツットガルト戦の主なスタッツ

前半はシュツットガルトの1本に対し9本のシュートを放ったボルシア・ドルトムントだが、後半は3対8と大きく下回り、危険なカウンターにもさらされてシュツットガルトに勝ち点3を奪われた。

 

コンスタントに得点:マキシミリアン・フィリップはシーズン6点目を記録。ブンデスリーガの前半戦または後半戦で奪ったゴール数としては、過去の自己記録を抜いた。

 

スタメン復帰:アンドレ・シュールレはBVBで8カ月ぶりの先発出場を果たし、チームのシュート12本のうち8本に絡んだ(4本を自ら放ち、4本を演出)。しかしブンデスリーガでは3度目となるPK失敗。これまで4本成功させている。

 

コンビ復活:ドイツのワールドカップ優勝のヒーロー、マリオ・ゲッツェとシュールレが共にスタメンに名を連ねたのは、ほぼ1年ぶり。前回は昨シーズンの2016年11月26日、同じくブンデスリーガの第12節でアイントラハト・フランクフルトに敵地で1-2と敗れている。

 

初のPKセーブ:シュツットガルトのロン=ロベルト・ツィーラーは、ブンデスリーガで23本目にして初めてPKを阻止した(1本はポストを直撃)。過去にはローレダーとインメルも同じくPKを連続で22本決められるという、キーパーにとって不名誉な記録をつくっている。

 

ホームで無敵:シュツットガルトは2017年のホームゲーム無敗を更新。今回の勝利により、通算成績は12勝3分けとなった。ここまで長く無敗を続けているのは、リーグ優勝を果たした10年以上前の2006-07シーズン以来となる。

 

【関連記事】
1-2:ホーム無敗のシュツットガルトに敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

2018.4.22

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

続きを読む>>

ロイスは8試合で5ゴール

2018.4.22

ロイスは8試合で5ゴール

ボルシア・ドルトムントはレバークーゼンに4-0と快勝し、ペーター・シュテーガー体制下での最多得点差勝利を収めた。シュート数でも17対9と圧倒していただけに、勝利も得点差も妥当 続きを読む>>

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

2018.4.22

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第31節で攻守に出色のパフォーマンスを披露し、3位の座を争うバイヤー04レバークーゼンとの直接対決に4-0(前半1-0)で圧勝。来シーズ 続きを読む>>