ニュース

2015.6.14

シュツットガルトに4-0で快勝:U-17王座を防衛

シュツットガルトに4-0で快勝:U-17王座を防衛

ボルシア・ドルトムントのU-17チームがVfBシュツットガルトに4-0(前半0-0)で快勝し、史上2チーム目のドイツBジュニア選手権連覇を成し遂げると同時に、1984、1993、1996、1998、2014年に続く6度目の優勝を果たした。

 

7196人が見守ったグロースアスパッハでの決勝は、試合内容がスコアに反映されたものではなかった。BVBは才能豊かな若きシュツットガルトに苦しみ、この勝負は後半10分までどちらに転んでもおかしくない展開となる。それでもハネス・ボルフ監督が立て続けに3人を交代したBVBは、パトリック・フリッチュ、ヤンニ・セラ、フェリックス・パスラックが7分間で3点を奪って連覇を決定的とした。

 

技術的にはレベルの高い試合となったが、両チームとも後半途中までは相手をリスペクトし過ぎていたのか、どちらも失点しないことだけに集中し過ぎていた感があった。しかし、インターネットによるライブ中継や7000人以上の観客動員数、そしてキックオフ前に国家が流されたことなどを考慮すると、両チームの若き選手たちが必要以上に硬くなっていたとしても無理はない。

 

前半に主導権を握ったBVBは2度のチャンスをつくったが、どちらもシュツットガルトのGKにうまく対処されてしまう。ヤコブ・ブルーン・ラーセンの鋭いクロスに続いては、主将パスラックがペナルティーエリア手前で倒されて得たFK(27分)も得点には結びつかなかった。それでもBVBユース部門のコーディネーター、ラース・リッケンは「同じレベルのチーム同士による好ゲーム」と評価し、両チームに賛辞を贈っている。

 

 

後半からはシュツットガルトがペースを上げたため、BVBのボルフ監督も即座に対応。1分間に相次いで3人を入れ替え、ラーセン、ダリオ・スクデリ、ニクラス・セビンクに代えてセラ、ベルカント・ギュネル、シャヒン・ケーゼジクを投入する。するとその直後に歓喜の瞬間が訪れ、フリッチュがファーポスト際にヘディングシュートを決めて均衡を破った(52分)。シュツットガルトは試合再開直後に同点としてもおかしくない場面を迎えたが、これが決まらなかったのはBVBにとってラッキーだった。

 

その2分後、パスラックのパスで抜け出したセラが相手GKを冷静にかわし、スコアを2-0とする(54分)。BVBはその5分後に勝利を決定づけ、GKアイケ・バンゼンのロングボールを起点にパスラックが決めて3点目を奪った(59分)。

 

BVBの4点目も最終ラインからのロングボールが起点になった。今度はセラがシュツットガルト守備陣の混乱に乗じ、相手GKの頭上にループシュート。これはポストにはね返されたが、リバウンドを自ら押し込み4-0とした(65分)。

 

BVB U-17チーム:バンゼン;セビンク(50分 ケーゼジク)、フリッチュ、ピーパー(70分 オグルツァル)、ベステ;シュバーマン、ブルニッチ;パスラック、プリシッチ、スクデリ(49分 ギュネル);ラーセン(49分 セラ)
ゴール:フリッチュ(52分)、セラ(54分)、パスラック(59分)、セラ(65分)
観客数:7196人(グロースアスパッハ)

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
BVBがU-17ドイツ王者に

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス、通算50点目の先制ゴール

2019.12.15

ロイス、通算50点目の先制ゴール

1FSVマインツ05は後半からよりアグレッシブなプレーを見せたが、大きく空くようになったスペースを容赦なく使われる結果となった。一方のボルシア・ドルトムントは、前半のシュート 続きを読む>>

「ここから積み上げていく」

2019.12.15

「ここから積み上げていく」

1FSVマインツ05を4-0で下した試合後、Skyのインタビューに応じたキャプテンのマルコ・ロイスは、この日のチームパフォーマンスを称賛。ユリアン・バイグルは、この数週間で内 続きを読む>>

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

2019.12.15

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

ルシアン・ファブレ監督は来週火曜の夜にボルシア・ドルトムントの指揮官として50回目のブンデスリーガの試合に臨む。これまで、1試合平均2.14ポイントという目覚ましい成績を残し 続きを読む>>