ニュース

2019.7.18

シアトルにも3-1で快勝

シアトルにも3-1で快勝

ボルシア・ドルトムントはアメリカツアー最初の親善試合でシアトル・サウンダーズFCに3-1で快勝。マリウス・ボルフとパコ・アルカセル、途中出場のジェイドン・サンチョがゴールを記録した。ブラック&イエローの選手たちは試合終了後、敵地センチュリー・リンク・フィールドに駆けつけた約8000人のBVBサポーターに感謝を伝えた。

 

3万8000人の観衆が見守る中、ルシアン・ファブレ監督率いるBVBは鋭い出足を披露し、序盤から再三チャンスをつくり続ける。37分にボルフの一撃で先制すると、後半開始早々の50分にアルカセルが追加点をマーク。その5分後にはジョナサン・キャンベルのゴールで1点を返されたが、ベンチスタートだったサンチョが試合終了13分前に勝利を決定づけた。

 

 

ボルフが先制

 

ファブレ監督は複数の若手にチャンスを与え、イマヌエル・フェライ(18)、マテウ・モレイ(19)、トビアス・ラシュル(19)、レオナルド・バレルディ(20)らを先発に抜擢。若きブラック&イエローは人工芝のピッチという普段とは違う環境にとまどいも見せたが、序盤はフェライが鋭いシュートやクロスで存在感を発揮する。一方、MLSウェスタン・カンファレンスの2位につけるシアトルも、27分のシュートがポストを直撃。35分にはオフサイドの判定でゴールを取り消された。

 

BVBが均衡を破ったのはその直後。マリオ・ゲッツェのアシストでボルフがネットを揺らした(37分)。さらに前半終了間際、34分からフェライに代わって出場していたジョバンニ・レイナ(16)にもチャンスが訪れたが、これを決めることができず、結局1点のリードでハーフタイムを迎えた。

 

 

後半にアルカセルとサンチョが得点

 

後半頭からもう1人選手を入れ替えた(ピシュチェクがゲレイロと交代し、左サイドバックのモレイが右サイドへ回った)BVBは、50分に相手ゴールキーパーのミスを突いてアルカセルが追加点を奪う。しかしホームのシアトルも諦めず、コーナーキックを頭で合わせたキャンベルが1点差に詰め寄った(55分)。

 

ファブレ監督は61分に9人を交代し、キャプテンのマルコ・ロイスが登場。さらに新戦力のニコ・シュルツ、ユリアン・ブラント、トルガン・アザールがBVB移籍後初出場を果たすに伴い、システムも4-2-3-1から4-3-3に変更された。アザールの初ゴールはロイスのオフサイドという微妙な判定で取り消されてしまったが、試合終了13分前にはサンチョが見事な個人技から決めて再び2点差に。その後もチャンスをつくり続けたBVBは、さらにリードを広げていてもおかしくなかった。

 

ファブレ監督は試合後のインタビューで次のように語った。「不慣れな人工芝ということもあり、いつものようにはいかなかったが、全体的に悪くなかった。運動量のある相手に対し、テンポよくプレーすることができていた」。ロマン・ビュルキも同調する。「初めての本当のテストマッチで、いい結果を残せたと思う。自分たちがやるべきことをしっかり実践できていた。後方から落ち着いてボールをつなぐことができた」

 

BVB:ビュルキ – ピシュチェク(46分 ゲレイロ)、バレルディ(63分 フンメルス)、トプラク(63分 ザガドゥ)、モレイ(63分 シュルツ) – バイグル(63分 ビツェル)、ボルフ(63分 サンチョ)、ラシュル(63分 ディレイニー)、ゲッツェ(63分 ロイス)、フェライ(34分 レイナ/63分 ブラント) – アルカセル(63分 アザール)
ゴール:ボルフ(37分)、アルカセル(50分)、キャンベル(55分)、サンチョ(77分)
観客:3万7722人

 

 

【関連記事】
アメリカ遠征に出発
プレシーズン初戦に10-0で圧勝
第6節までの日程が確定、開幕戦は土曜開催

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アウクスブルク戦の予想スタメン

2019.8.16

アウクスブルク戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第1節でFCアウクスブルクを本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間22時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバ 続きを読む>>

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019.8.16

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019-20シーズンのブンデスリーガ開幕に先立ち、ボルシア・ドルトムントはドイツのオンラインバンク、コムディレクト銀行とバンキングパートナー契約を結んだ。長期に及ぶ両者の協 続きを読む>>

「簡単な相手などいない!」

2019.8.16

「簡単な相手などいない!」

ブンデスリーガがいよいよ開幕 ―― 新シーズン初戦を控えるボルシア・ドルトムントに朗報が届き、マテウ・モレイとラファエウ・ゲレイロを除くファーストチームの全選手がプレー可能な 続きを読む>>