ニュース

2018.2.6

サンチョが数週間の離脱

サンチョが数週間の離脱

2日夜のブンデスリーガ、アウェーの1FCケルン戦で終盤に負傷したFWジェイドン・サンチョだが、MRI検査の結果、靭帯を損傷していることが判明。数週間にわたって戦列を離れる見込みとなった。

 

17歳のサンチョはウインターブレーク後のリーグ戦4試合すべてに出場。ボルフスブルク戦ヘルタ・ベルリン戦フライブルク戦では90分間フル出場を果たし、ケルン戦では72分に交代で入ったが、試合終了直前に負傷してピッチから去っていた。ボルシア・ドルトムント加入後はここまでブンデスリーガで通算6試合、レギオナルリーガで3試合に出場している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
監督交代後は1試合平均で勝ち点2を獲得
僅差で競り勝ったBVB
3-2:バチュアイの2ゴール1アシストで勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>