ニュース

2018.2.6

サンチョが数週間の離脱

サンチョが数週間の離脱

2日夜のブンデスリーガ、アウェーの1FCケルン戦で終盤に負傷したFWジェイドン・サンチョだが、MRI検査の結果、靭帯を損傷していることが判明。数週間にわたって戦列を離れる見込みとなった。

 

17歳のサンチョはウインターブレーク後のリーグ戦4試合すべてに出場。ボルフスブルク戦ヘルタ・ベルリン戦フライブルク戦では90分間フル出場を果たし、ケルン戦では72分に交代で入ったが、試合終了直前に負傷してピッチから去っていた。ボルシア・ドルトムント加入後はここまでブンデスリーガで通算6試合、レギオナルリーガで3試合に出場している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
監督交代後は1試合平均で勝ち点2を獲得
僅差で競り勝ったBVB
3-2:バチュアイの2ゴール1アシストで勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

2018.8.13

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

DFBポカールのフュルト戦が8日後に迫った12日、ボルシア・ドルトムントはセリエAのラツィオとエッセンで対戦。序盤に生まれたマルコ・ロイスのゴールで1-0(前半1-0)と競り 続きを読む>>

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018.8.12

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018-19シーズン最初の公式戦まで9日と迫った11日、ボルシア・ドルトムントはファンと共に新しいシーズンの幕開けを祝った。クラブはジグナル・イドゥナ・パルクで毎年恒 続きを読む>>

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

2018.8.9

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

バート・ラガーツ合宿は終了。8日で計15回の集中トレーニングとテストマッチ3試合をこなしたチームは、ドルトムントへ戻った。金曜日からは準備の最終段階がスタート。そして8月20 続きを読む>>