ニュース

2017.7.10

ゲレイロ手術、復帰は3、4カ月後

ゲレイロ手術、復帰は3、4カ月後

DFBポカール王者のボルシア・ドルトムントは3カ月から4カ月、ラファエウ・ゲレイロを欠いて戦わなければならなくなった。23歳のポルトガル代表は10日、足の手術を受け、長期にわたって戦列を離れる見込みとなった。

 

ゲレイロは欧州王者として戦ったコンフェデレーションズカップのグループステージ、開催国ロシアとの試合で負傷。ポルトガル・サッカー協会は当初、単なる打撲だとBVBに知らせてきていた。

 

しかしドルトムントでの検査の結果、足を骨折していることが判明し、手術を受けた。復帰できるのは10月か11月となる。

 

【関連記事】
BVB total!でプレシーズンマッチをライブ配信
ボス監督の下で初練習:90分+アディッショナルタイム
練習初日はパフォーマンス測定

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVBに極めて厳しい処分

2017.7.21

BVBに極めて厳しい処分

ドイツ・サッカー協会(DFB)は一部のファンによる悪行を理由に、DFBポカール王者のボルシア・ドルトムントに対して極めて厳しい処分を下した。執行猶予付きながらも、ブンデスリー 続きを読む>>

【ビュルキ インタビュー】「最高のスタジアム、最高のファン、最高の雰囲気」

2017.7.20

【ビュルキ インタビュー】「最高のスタジアム、最高のファン、最高の雰囲気」

ボルシア・ドルトムントの正GKロマン・ビュルキの素顔は、物腰が柔らかく気取ったところのないナイスガイだ。日本滞在中に当サイトのインタビューに応じてくれた守護神が、激動の201 続きを読む>>

負傷のシュメルツァー、目指すは開幕戦までの復帰

2017.7.20

負傷のシュメルツァー、目指すは開幕戦までの復帰

アジアツアー中の17日、中国での練習中に負傷して一足先にドルトムントに戻っていたマルセル・シュメルツァーは、精密検査の結果、足首の外側側副靭帯を部分断裂していたことがわかった 続きを読む>>