ニュース

2017.9.19

ゲッツェ、ハンブルク戦での復帰に希望

ゲッツェ、ハンブルク戦での復帰に希望

過密日程の折り返し地点となる20日に敵地でハンブルガーSVと対戦するボルシア・ドルトムント(日本時間21日3時30分キックオフ)。1FCケルンに5-0で圧勝した17日の試合を終え、18人の遠征メンバーをフルに揃えられる点はペーター・ボス監督を安心させているに違いない。

 

マルク・バルトラ、アンドレ・シュールレ、マリオ・ゲッツェらは18日の練習に参加したものの、ボス監督は「軽めのメニューにとどめた」と述べ、「マルクとシューの復帰は時期尚早だ」と語った。ただし、ゲッツェは20日の練習で問題がなければ、ハンブルク遠征に帯同できる見通しとなっている。

 

BVBは16日の練習で筋肉を痛めたジェレミー・トリアンを欠くことになるが、「それほど長くはかからない。数週間もかからないはずだ」とボス監督は明かした。「あと数日だ」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
フィリップ:「内容に見合う大勝」
無失点およびホーム無敗を継続
ケルン戦後のコメント

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>

LAを満喫、いざ親善試合へ

2018.5.23

LAを満喫、いざ親善試合へ

クリスティアン・プリシッチにとって逃すことのできないチャンス。UCLAでの練習を終えたあと、ボルシア・ドルトムントの若きウインガーは、アメリカ・バスケットボール界のレジェンド 続きを読む>>