ニュース

2013.4.18

ケールが2014年まで契約を延長

ケールが2014年まで契約を延長

ボルシア・ドルトムントが主将セバスティアン・ケールとの契約を1年間延長した。レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ準決勝を来週に控えた17日、33歳の守備的MFは新たに1年契約にサイン。2014年6月30日まで引き続きクラブでプレーを続けることになった。

 

セバスティアン・ケール

 

「チームの主力、そして模範である選手をボルシア・ドルトムントに引き留めることができて本当によかった」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは話した。

 

ケールは2002年にボルシア・ドルトムントに加入し、ブンデスリーガで通算273試合23得点を記録。ドイツ代表でも31試合に出場している。ケールは今回の契約延長について次のようにコメントした。「BVB、チーム、ファン、そしてドルトムントの町は、今や僕の家族の一部のような存在だ。この偉大なクラブとその成功の物語に、少なくとも2014年までかかわれることになって、とてもうれしい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>