ニュース

2017.9.16

ケルンとのホームゲームでは26年間負けなし

ケルンとのホームゲームでは26年間負けなし

ボルシア・ドルトムント対1FCケルン。2つの名門クラブが17日の中央欧州標準時18時、互いに勝利を目指して通算85回目の対戦に挑む。

 

 

順位:まだシーズン開幕から3試合をこなしたのみで順位は一時的なものに過ぎないが、それでも両者が首位と最下位で顔を合わせるのは、ドイツ西部対決の長い歴史においても今回が初めてとなる。BVBはブンデスリーガでまだ無失点で無敗。一方のケルンは公式戦4連敗中となっている。

 

ホーム&アウェー:BVBはホームで3連勝中であり、2015年4月に負けたのを最後に39試合無敗を維持している。ここ13試合のホームゲームでノーゴールに終わったのは4月29日の1試合だけだが、その相手はケルンで、0-0のドローだった。これに対し、シュテーガー監督率いるケルンは、アウェー戦で9試合勝ち星なし。最後に勝ったのは1月28日で、ダルムシュタットに6-1の大勝を収めた。

 

チーム情報:ケルンはヘクトルが欠場。BVBはシュメルツァー、バルトラ、ロイス、ゲレイロ、シュールレ、ローデ、ドゥルムが戦列を離れており、ゲッツェは出られるか微妙なところ。

 

直接対決:両者が激突した直近の3試合(ここ5試合だとそのうち4試合)は勝者なしで終わっている。BVBはケルンを相手に6試合未勝利となっており、これほど長く勝利を収めてない相手は、ブンデスリーガのチームの中でほかにいない。それより以前は、ケルン戦8連勝だった。一方、ホームにケルンを迎えた試合だけに絞ると、18試合負けなし(14勝4分け)。ケルンが最後にドルトムントで勝利したのは26年前の1991年4月13日で、モーリス・バナーハの2ゴールで2-1と競り勝った。ピエール=エメリク・オーバメヤンは今シーズンのブンデスリーガで戦うBVB以外の17チームのうち16チームから得点を記録しているが、唯一ケルンからはゴールを奪ったことがない。

 

 

スタッツ:BVBは9試合無敗中で、1-0とリードした試合では32試合負けなし(ただ、この状況から逆転負けを喫した最後の試合は2015年12月で、ケルンに1-2と屈した)。ケルンもリードすると強く、2016年1月のシュツットガルト戦を最後に、20試合無敗となっている。

 

ホームでの最多得点差勝利:1966年10月15日、BVBはエメリッヒ(3ゴール)、ボザープ(2ゴール)、そしてヘルトのゴールにより、ケルンにシュタディオン・ローテエルデで6-1と大勝。ケルンの1点はイェンドロセクが決めた。

 

観客数:ジグナル・イドゥナ・パルクの観戦チケットはまだ完売しておらず、ケルンからアウェーサポーター用のチケット600枚の返却があった。これらのチケットは試合当日の17日中央欧州標準時15時30分からアウェー観客用チケット売り場で販売されるが、BVBのクラブカラーを身につけた観客は購入できない。

 

主審:パトリック・イトリッヒ(38歳)が笛を吹くが、BVBの試合を裁くのは今回が2度目。1年前に初めて担当したときはヘルタ・ベルリンと0-0のスコアレスドローに終わっている。ハンブルクの警察官であるイトリッヒは、2016年2月からブンデスリーガの試合で主審を務めるようになった。

 

編集:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ケルン戦の予想スタメン
ゲッツェに欠場の可能性、バイグルは復帰間近

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>