ニュース

2015.9.3

グロスクロイツのガラタサライ移籍は一時保留に

グロスクロイツのガラタサライ移籍は一時保留に

サッカーの世界統括機関FIFAは、先ごろ終了した移籍市場の期間内にボルシア・ドルトムントとトルコ・スーパーリグのガラタサライの間で合意に達していたMFケビン・グロスクロイツ(27)の移籍を保留とする決定を下した。これを受けてガラタサライ側が上訴したものの認められず、2日の午後遅くに同クラブからBVBにその旨連絡があった。

 

両クラブはグロスクロイツがトルコへと移ることで8月31日に合意していたが、FIFAはガラタサライが移籍完了に必要な手続きを期限内に終わらせていなかったと判断した。移籍は次の移籍市場で成立となる。

 

それでもガラタサライとグロスクロイツは2日、次の移籍市場がオープンし次第、すでに合意済みの条件で移籍を完了させたいという希望をBVBに伝え、BVB側も夜にこの要求を受け入れた。このため、正式に選手登録を行う2016年1月1日までの間も、グロスクロイツはガラタサライの選手として練習参加および親善試合への出場が可能となる。

 

【関連記事】
グロスクロイツのガラタサライ移籍は未成立

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バツケCEOが60歳に

2019.6.23

バツケCEOが60歳に

ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOが6月21日に60歳の誕生日を迎えた。サッカーを愛し、1960年代からブラック&イエローをサポートしている起業家は、20 続きを読む>>

フンメルスがBVB復帰へ

2019.6.20

フンメルスがBVB復帰へ

ボルシア・ドルトムントはDFマッツ・フンメルスを獲得することでFCバイエルン・ミュンヘンと基本合意に達した。   このセンターバックは 続きを読む>>

ファブレ監督、2021年まで契約延長

2019.6.18

ファブレ監督、2021年まで契約延長

ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が、2021年6月30日まで引き続きチームを率いることになった。   「BVBのチーム関 続きを読む>>