ニュース

2017.4.22

グラットバッハ戦は4月の9試合中7試合目

グラットバッハ戦は4月の9試合中7試合目

ボルシア・ドルトムントは22日夜、4月に予定されている9試合のうち7試合目となるボルシア・メンヘングラットバッハ戦に挑む(日本時間23日1時30分キックオフ)。チームは体力的な負担だけでなく精神的な負担にも対応しなければならない。

 

トーマス・トゥヘル監督は試合前日の記者会見で、「今夜の練習を終えたあと、誰がフレッシュな状態であり、グラットバッハ戦に全集中を注いで好プレーを見せられるかどうか見極めることになる」と明かした。その一方で「次の何試合かは様子見」となり、選手たちのことは「慎重に、配慮を持って」扱わなければならないとして、「どこまで選手たちを批判していいか、スポーツ選手と一人の人間との境目をどこに置くか」が問題になると話した。

 

先発メンバーはまだ確定していない。「ドクターが朗報をたくさん持ってきてくれることを願っている。皆、疲れているが体調には問題がない」とトゥヘル監督は話した。マルコ・ロイスにもこれが当てはまっていることを願う。トゥヘル監督は慎重を期してロイスをメンバーから外す可能性もある。

 

グラットバッハで好結果を出せれば「大きな励みになる」ことはわかっているトゥヘル監督だが、「グラットバッハでの試合はいつもやりにくい展開になる」ことも承知している。指揮官は2人のストライカーと俊足ウインガーたちの特別な役割に言及し、ストライカーたちは「深い位置からエリアに入ってくることになるだろう」と説明した。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
最近好相性のグラッドバッハと対戦
『BVB World』Episode39

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>