ニュース

2013.4.25

クロップ監督:「今夜の快挙は誰にも奪えない」

クロップ監督:「今夜の快挙は誰にも奪えない」

ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、25日の夜を驚くべきものにしてくれたファンに対して、「ネガティブな気持ちをあんな大声援に変えれば、すべてがちっぽけに見える。あの雰囲気がなければ、こんな試合はできなかった」と感謝の意を表した。しかしまだ決勝進出を決めたわけではないとして、「我々はまだ半分しかプレーしていない」と警告を発した。

 

ファンについて:
ネガティブな気持ちをあんな大声援に変えれば、すべてがちっぽけに見える。あの雰囲気がなければ、こんな試合はできなかった。

 

試合前のモウリーニョ、クロップ両監督[写真:firo]

 

戦術について:
我々はまだ半分しかプレーしていない。だから今日は戦術については話さないよ。今夜の作戦がうまくいったのなら、第2戦まで明かさずにいたいからね。

 

主審の判断について:
私はPKだったと思う。3点目はあまりにも素晴らしかったからどの主審でも取り消したりしないはずだ。オフサイド?覚えてないな。今日はレバンドフスキのゴールが多すぎて…

 

30日の第2戦について:
有利な状態で第2戦に臨めるような感じはしていない。我々は素晴らしいチームを相手に驚くべき試合をした。だがまだ何も決まっていない。もっと悪い結果になった可能性もある。とはいえ、もしこれで敗退したとしても、今夜の快挙は誰にも奪えない。

 

第2戦に向けたゲームプランについて:
うちのチームは、この結果を守ろうとはしない。常に攻撃したいと思っているからね。今日はケールとグロスクロイツを守備要員として投入したが、彼らが最初にチームに貢献したのはレアル・マドリーのペナルティーエリア内だった。それがすべてを物語っているよ。

 

マリオ・ゲッツェについて:
彼には昨日、話したんだ。昨日の今日ではバイエルンへの移籍のことはまだ誰も忘れていないだろうが、皆、今重要なことに集中するだろうし、何よりクラブが大事だとね。ファンがこれを支持してくれて本当にうれしいよ。マリオはトップレベルで活躍することになる類まれな選手だ。今日は彼がサッカーに集中できるようチームも気を配っていた。最高のパフォーマンスを見せてくれたね。

 

ロベルト・レバンドフスキについて:
スタジアムの博物館ボルッセウムでは、同じビデオを繰り返し流しているが、そのうちレビーが4ゴールを挙げたこの試合のビデオを流すようになるんじゃないかな。でもそれも30日に突破を決められればの話だ。彼の3点目は間違いなくSkyそしてZDFに視聴料を払っている価値のあるゴールだった。私も1試合で4ゴールを決めたことがあるんだよ。1990年にエアフルトでね。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘイニエルが新型コロナウイルス陽性

2020.11.24

ヘイニエルが新型コロナウイルス陽性

ボルシア・ドルトムントMFヘイニエルが検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判定されました。 続きを読む>>

クラブ・ブルッヘ戦の予想スタメン

2020.11.23

クラブ・ブルッヘ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは24日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第4節でクラブ・ブルッヘと対戦する。両チームの予 続きを読む>>

ブラック&イエロー・ウィークエンドがやって来る!

2020.11.23

ブラック&イエロー・ウィークエンドがやって来る!

今週末、BVBがファンの皆さんに今年最大のショッピングイベントをお届けします。11月27日から30日まで、オン 続きを読む>>