ニュース

2014.12.11

監督がピシュチェク、ケール、フンメルスの復帰に期待

監督がピシュチェク、ケール、フンメルスの復帰に期待

ウカシュ・ピシュチェクは9日に行われたチャンピオンズリーグのRSCアンデルレヒト戦を欠場したが、これは大事を取ってのことだった。

 

「彼はあちこちケガをしている。フランクフルト戦で途中で下げたのもそれが理由だ」とユルゲン・クロップ監督は明かした。BVBの右SBは数週間前のポーランド代表戦でも途中でメンバーから外れている。「だからリスクを冒してまで彼をプレーさせないことに決めたんだ」

 

マッツ・フンメルスは9日の朝から背中の問題に悩まされ、それが太ももにも影響しているが、クロップ監督は13日のヘルタBSCベルリン戦には出場できると見ている。「コンディションは戻るだろう。それほど深刻ではないと思う」とクロップ監督は言う。

 

さらに5日のブンデスリーガのホッフェンハイム戦で肋骨と太ももを打撲したセバスティアン・ケールも、1-1で引き分けたアンデルレヒト戦を欠場したが、クロップ監督は「しびれている状態」と説明し、「彼も回復する可能性がある」と話した。

 

【関連記事】
復帰の夜

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

2020.2.24

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

ウインターブレーク明けのブンデスリーガで最高の結果を残しているボルシア・ドルトムント。BVB は敵地レバークーゼンで 続きを読む>>

「この1週間には満足」

2020.2.23

「この1週間には満足」

ボルシア・ドルトムントが敵地でベルダー・ブレーメンに 続きを読む>>

ホーランドがまたしても記録更新

2020.2.23

ホーランドがまたしても記録更新

前半はシュート2本にとどまったものの、ボルシア・ドルトムントは後半に10本のシュートを浴びせ、ブレーメンの本拠地で勝利を収めた。ホームチームは後半に失速し、1対1の勝率で40 続きを読む>>