ニュース

2016.10.15

ギンター:「勝ち点1では足りない」

ギンター:「勝ち点1では足りない」

ホームでヘルタBSCと1-1の引き分けに終わった試合で、ボルシア・ドルトムントの守備ラインを初めて統率することになったのはマティアス・ギンターだった。トーマス・トゥヘル監督はこのCBが「際立った」パフォーマンスを見せたと高く評価。しかしギンターは試合後に次のようなコメントを残した。

 

シュトッカーはギンターへのファウルで退場となった

 

BVBは0-1とリードされ、シュートがポストに嫌われ、PKも失敗しましたが、それでも1-1の引き分けに持ち込みました。これは何を意味していますか?
僕らの士気が高かったことを意味しているね。試合前、多くのケガ人が出ているけど、僕らはそれを言い訳にしなければならないチームではないと話し合っていたんだ。代わりに出場したメンバーたちが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。本当に勝ち点1では足りないよ。ほんの少し運があれば、勝てていたかもしれない。

 

前半に足りなかったものは?
得点チャンスをあまりつくれなかったね。ちょっと我慢の戦いになって、相手の最終ラインの裏にボールをなかなか通せなかった。後半は見違えるほどテンポが速くなった。そして何度か絶好のチャンスをつくったけど、残念ながら勝利を手にするには不十分だったね。

 

ミケル・メリーノとのCBコンビはどうでしたか?
彼がプレーしているところを見られて本当によかった。彼にとってはすべてが初めてのことだったろうけど、デビュー戦にしてはよくやったと思う。ボールを失うことはあまりなかったし、攻撃に参加する能力もあることを示していた。彼がチームにいてくれて本当によかったよ。

 

文:フェリックス・ウルリッヒ

 

【関連情報】
ローデ:「もっといい戦いができたはず」
「失点を機に流れが良くなった」
史上3番目に若いチームで記録更新

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

リーグ史上最高の得失点差

2017.9.24

リーグ史上最高の得失点差

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガの過去55年間で最高の得失点差で首位をキープ。第6節終了時点で“プラス18”という得失点差を記録したチームは、過去に存在しない。 続きを読む>>

「見事なチームパフォーマンス」

2017.9.24

「見事なチームパフォーマンス」

ゴールを決めた選手たちはサポーターから惜しみない拍手を送られた。ただそれらの「ゴールにつながるプレーに絡んだ選手たち」も指揮官から称賛を受けた。「本当に見事なチームパフ 続きを読む>>

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

2017.9.24

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハに6-1(前半3-0)と圧勝し、今季5勝目を挙げて首位をキープした。ピエール=エメリク・オーバメ 続きを読む>>