ニュース

2017.12.4

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

ボルシア・ドルトムントのゴンサロ・カストロが足首の外側側副靭帯を断裂し、数週間の離脱を余儀なくされることになった。この30歳のMFは、2日に敵地で行われたバイヤー04レバークーゼン戦で負傷していた。

 

一方、同じ試合でひざを痛めたマキシミリアン・フィリップについては、さらなる検査が必要とのこと。ケガの状態が判明するのは、早くても火曜日以降となる。

 

 

【関連記事】
シュメルツァー:「正しい方向への第一歩」
「流れを変えたい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間に 続きを読む>>

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

2019.1.22

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

ボルシア・ドルトムントは21日、U-23チームを率いるヤン・ジーベルト監督との契約の即時解除に応じた。レギオナルリーガ西部で戦うBVBのリザーブチームを1年半にわたって指導し 続きを読む>>

勝ち点3以上の価値ある勝利

2019.1.21

勝ち点3以上の価値ある勝利

ボルシア・ドルトムントは敵地ライプツィヒで貴重な勝ち点3と大きな収穫を手に入れた。この日のBVBは極めて重要な選手の不在というアクシデントを乗り越えただけでなく、守備でも多く 続きを読む>>