ニュース

2017.12.4

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

ボルシア・ドルトムントのゴンサロ・カストロが足首の外側側副靭帯を断裂し、数週間の離脱を余儀なくされることになった。この30歳のMFは、2日に敵地で行われたバイヤー04レバークーゼン戦で負傷していた。

 

一方、同じ試合でひざを痛めたマキシミリアン・フィリップについては、さらなる検査が必要とのこと。ケガの状態が判明するのは、早くても火曜日以降となる。

 

 

【関連記事】
シュメルツァー:「正しい方向への第一歩」
「流れを変えたい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ブルーン・ラーセンが練習中に負傷

2018.8.16

ブルーン・ラーセンが練習中に負傷

ボルシア・ドルトムントのMFヤコブ・ブルーン・ラーセン(19)が練習中に右足を負傷した。   ルシアン・ファブレ監督は2週間以内にトレ 続きを読む>>

フュルト戦に集中:ファブレ監督と最終調整へ

2018.8.15

フュルト戦に集中:ファブレ監督と最終調整へ

火曜日は練習がなかったが、水曜以降は一つの課題に向かって集中することになる。グロイター・フュルト戦とのDFBポカール1回戦だ。昨季ブンデスリーガ2部の15位チームと対戦する2 続きを読む>>

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

2018.8.13

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

DFBポカールのフュルト戦が8日後に迫った12日、ボルシア・ドルトムントはセリエAのラツィオとエッセンで対戦。序盤に生まれたマルコ・ロイスのゴールで1-0(前半1-0)と競り 続きを読む>>