ニュース

2017.12.4

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

カストロ、外側側副靭帯断裂で数週間の離脱

ボルシア・ドルトムントのゴンサロ・カストロが足首の外側側副靭帯を断裂し、数週間の離脱を余儀なくされることになった。この30歳のMFは、2日に敵地で行われたバイヤー04レバークーゼン戦で負傷していた。

 

一方、同じ試合でひざを痛めたマキシミリアン・フィリップについては、さらなる検査が必要とのこと。ケガの状態が判明するのは、早くても火曜日以降となる。

 

 

【関連記事】
シュメルツァー:「正しい方向への第一歩」
「流れを変えたい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

VfBの先を見据えるファブレ監督

2018.10.19

VfBの先を見据えるファブレ監督

VfBシュツットガルトのホームに乗り込むボルシア・ドルトムントは、これまでの歩みや戦績を振り返るのではなく、あくまで将来に目を向けている。 続きを読む>>

シュツットガルト戦の予想スタメン

2018.10.19

シュツットガルト戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第8節でVfBシュツットガルトとアウェーで対戦する(日本時間22時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下の通り。 続きを読む>>

勝利数最多のアウェーゲーム

2018.10.18

勝利数最多のアウェーゲーム

ブンデスリーガが再開する今週末、ボルシア・ドルトムントは20日に敵地でVfBシュツットガルトと対戦する(日本時間22時30分キックオフ)。シュツットガルトはBVBがこれまで最 続きを読む>>