ニュース

2017.1.10

オーバメヤン、選手投票でブンデスリーガMVPに選出

オーバメヤン、選手投票でブンデスリーガMVPに選出

2011年夏にはヌリ・シャヒンが、さらにロベルト・レバンドフスキも栄誉に輝いているが、今回スポットライトを集めたのはピエール=エメリク・オーバメヤンだ。ブンデスリーガでプレーするサッカー選手238人による投票の結果、ボルシア・ドルトムントのエースは2016-17シーズンのブンデスリーガ最優秀選手に選ばれた。

 

『キッカー』誌はオーバメヤンの受賞について、「シーズン前半戦の15試合に出場して16得点。しかも見事なゴールをいくつも決めていれば当然の結果」と記した。「このドルトムントのFWは、苦もなくネットを揺らす決定力の高さが評価され、全体の3分の1を上回る票を集めた。今夏にはブンデスリーガ得点王という新たな勲章を手にしていても不思議はない」

 

 

オーバメヤンは選手仲間だけでなく専門家にも絶賛され、『キッカー』誌の記者陣にはシーズン前半戦のパフォーマンスを「ワールドクラス」と評価された。「これまで以上の安定感と並外れた得点力でゴールを量産する27歳は、ウインターブレーク前のドイツで最も優れていた攻撃の選手だった。欧州カップ戦でも出場5試合で4ゴール1アシストを記録し、本誌の平均評価で2.38(最高評価は1)と際立っていた。特に印象深かったのはマドリードでのパフォーマンスで、自ら1点差と詰め寄ったあとにマルコ・ロイスの同点ゴールをアシスト。敵地で0-2から2-2の引き分けに持ち込んだBVBがレアル・マドリーを抑え、グループを首位で通過する立役者となった」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ゲレイロが待望の練習復帰
新年最初の試合に快勝

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

トゥヘル監督:「いいムードに水を差す理由はない」

2017.4.30

トゥヘル監督:「いいムードに水を差す理由はない」

ボルシア・ドルトムントは 続きを読む>>

「100年先まで続く絆」

2017.4.30

「100年先まで続く絆」

ボルシア・ドルトムントの南スタンドはやはり特別だ。 続きを読む>>

「決まったと思った」

2017.4.30

「決まったと思った」

一方的に押し込みながらもGKティモ・ホルンの牙城を崩せず、ホームで 続きを読む>>