ニュース

2017.1.29

オーバメヤン、マインツ戦に出場可能

オーバメヤン、マインツ戦に出場可能

ピエール=エメリク・オーバメヤンがアフリカ・ネイションズカップから戻ってきたため、29日の1FSVマインツ05とのアウェー戦(日本時間30日1時30分キックオフ)では、ほぼ全選手が起用可能となった。

 

ガボン代表の主将としてアフリカ・ネイションズカップを戦ったオーバメヤンだが、3試合連続のドローで敗退となった。「当然ながら失望は大きいだろう。可能性はゼロではないと思っていただろうし、一度も負けなかったのだからね」とトゥヘル監督は話した。しかしオーバメヤンは、クラブでの次の挑戦を楽しみにしているようで、ドルトムントに戻ってきてから強度の高い練習をすでに2セッションこなしている。「彼は明日、プレーすることになるだろう」とトゥヘル監督も断言したが、先発で出場するのかベンチスタートとなるのかは確定していない。

 

オーバメヤンの復帰で攻撃のオプションは間違いなく増える。「監督として今のような状況はとても喜ばしい。選手たちのベストを引き出すことができる状況だ。ポジション争いはチームのためになる。それによって最高のレベルに到達することができるからね」とトゥヘル監督は説明した。20人以上のフィールドプレーヤーと共に練習できるとなると、状況はまったく変わってくる。「集中力や意識が高まるんだ」と指揮官は言う。

 

もちろん、新加入のアレクサンデル・イサクも練習に参加したが、まだ登録が完了していないため、出場メンバーに入ることはできない。3回の練習ですでに好印象を残している17歳は、新しいチームメートたちともうまくやっている。「ピッチではすぐになじんだよ。言うまでもなく、いつもこのようにはいかないものだ」とトゥヘル監督はコメント。ただイサクの初出場を急ぐ必要はない。「我々は彼がチームに溶け込めるよう手助けしていく。決して焦らず、といっても不必要にデビューを送らせるつもりもないよ」

 

文:クリスティーナ・ラインケ

 

【関連記事】
イサクが練習に初参加、トゥヘル監督も感銘
マインツ戦の予想スタメン
マインツ戦の連勝を伸ばしたいBVB
『BVB World』Episode24

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23チームは追いついて2-2のドロー

2017.10.22

U-23チームは追いついて2-2のドロー

ファーストチームが2点をリードしながらも2-2に追いつかれた一方、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはレギオナルリーガ西部の試合でブッパーターラーSVに対して2点ビハイン 続きを読む>>

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

2017.10.22

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

コメルツバンク=アレーナでの白熱の後半、シュート数は両チーム合わせて25本(ボルシア・ドルトムントが13本、アイントラハト・フランクフルトが12本)に達し、前半または後半のシ 続きを読む>>

スボティッチ:「結果には満足していない…」

2017.10.22

スボティッチ:「結果には満足していない…」

アイントラハト・フランクフルトと 続きを読む>>