ニュース

2017.5.21

オーバが得点王に、エマのクラブ記録にも並ぶ

オーバが得点王に、エマのクラブ記録にも並ぶ

ボルシア・ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤンがSVベルダー・ブレーメン戦で今季のブンデスリーガ通算30、31点目を挙げ、見事に得点王のタイトルを獲得した。

 

ブレーメンに4-3で競り勝った熱戦を終え、オーバはスタジアム内のファンと喜びを分かち合うと、『キッカー』誌編集長のジャン=ジュリアン・ベア氏から“砲台”を受け取った。BVB所属選手が得点王に輝いたのは、ローター・エメリッヒ(1965-66シーズンと1966-67シーズン)、マルシオ・アモローゾ(2001-02シーズン)、ロベルト・レバンドフスキ(2013-14シーズン)に続く5度目。

 

オーバメヤンの31ゴールは、エメリッヒが1965-66シーズンに残したシーズン最多クラブ記録に並ぶ。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
4-3:ブレーメンに競り勝ち3位でフィニッシュ!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>