ニュース

2018.11.24

アルカセルと完全移籍契約

アルカセルと完全移籍契約

ボルシア・ドルトムントはスペイン代表のFWパコ・アルカセルと長期にわたって共に歩んでいくこととなった。

 

夏にBVBにやってきたアルカセルとの契約は当初期限付きだったが、クラブはその契約に含まれていた買い取りオプションを行使し、移籍金を支払ってアルカセルを完全移籍で獲得する決断を下した。夏に合意した内容に従い、契約は2023年6月30日までとなる。

 

アルカセルはBVBに加入後、8試合に出場。計303分のプレーで9ゴールを決めているほか、44分間に1点のペースでチームのゴールに関与している。

 

「我々は今日(23日)、バルセロナに買い取りオプションを行使したい旨を伝えた。パコの気持ちは完全に我々のほうに向いており、クラブにもすぐになじみ、今やチームに欠かせない存在となっている」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは話した。「彼はサッカー選手として素晴らしい才能を持った真のゴールゲッター。すでに重要な試合で勝負を左右する得点を挙げている。この先もパコがたくさんのゴールとアシストでチームに貢献してくれることを期待している」

 

アルカセル本人は次のようにコメントした。「ドルトムントに来て、BVBでこの素晴らしいチームの一員になれたことにとても満足している。ボルシア・ドルトムントへの加入は僕にとって間違いなく正しい決断だった。今もそう思っている。いいプレーとゴールで信頼に応えるため、全力を尽くしたい」

 

【関連記事】
パコ・アルカセルを期限付きで獲得

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>