ニュース

2019.9.6

アキ・シュミット・プラッツをお披露目

アキ・シュミット・プラッツをお披露目

アルフレート・“アキ”・シュミットの生誕84周年となる9月5日、ドルトムントのウルリッヒ・ジーラウ市長、ボルシア・ドルトムントのラインハルト・ラウバル会長らの立ち合いの下、ホーエンブシャイにあるクラブの練習施設に“アキ・シュミット・プラッツ”が正式オープンした。

 

生きていれば84回目の誕生日となった5日、ドルトムントのウルリッヒ・ジーラウ市長、BVBのラインハルト・ラウバル会長、ハンス・ヨアヒム・バツケCEO、カルステン・クラマー、そしてクラブのレジェンドであるジッギ・ヘルト、ボルフガング・パウル、テオ・レッダーが、ホーエンブシャイの練習施設に集まり、“アキ・シュミット・プラッツ”の落成式が行われた。

 

「今日は特別な日であり、ここは特別な場所。アキ・シュミットはBVBの歴史に名を残した偉大な選手の一人、そしてレジェンドだ。我々はそのことを正当に評価する場所を持ちたいと思った」。同選手の名前がつけられた広場のオープン式典でジーラウ市長はそう話した。ラウバル会長も、「アキは伝説の選手であり、クラブと深い絆を持ち、常に誰からも認められる存在だった。アキ・シュミット・プラッツのオープンに尽力してくれたすべての人に感謝したい」と続けた。

 

アキ・シュミットは1956年、1957年、1963年にBVBでドイツ選手権優勝を経験。1965年にキャプテンとしてブラック&イエローをDFBポカール制覇へと導いたのち、1966年の欧州カップウィナーズカップの優勝メンバーにもなった。現役引退後も長らくBVBと関わり、1997年からはファンコーチおよびスタジアムガイドを務めた。そして2016年、短期間の闘病生活の後、81歳でこの世を去っている。

 

【関連記事】
BVBのレジェンド、アルフレート・シュミットが他界
「アキはブラック&イエローの象徴だった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ホロコースト犠牲者の足跡をたどる旅

2019.11.17

ホロコースト犠牲者の足跡をたどる旅

「ボルシアは団結する! 我々は忘れない。反ユダヤ主義と共に闘う」。このモットーの下、ボルシア・ドルトムントはナチス時代に人類史上最悪の残虐行為が成された地を訪ねる社会見学ツア 続きを読む>>

アジアオフィス担当が語るBVBのアジア戦略

2019.11.16

アジアオフィス担当が語るBVBのアジア戦略

ボルシア・ドルトムントは2014年、国外初のBVBオフィスをシンガポールに開設。そこで働くスレシュ・レチマナン氏にBVBのアジア戦略、今後の 続きを読む>>

イングランドが予選突破、バレルディは親善試合で得点

2019.11.16

イングランドが予選突破、バレルディは親善試合で得点

ジェイドン・サンチョを擁するイングランド代表がEURO 2020予選を突破。U-23アルゼンチン代表のレオナルド・バレルディは親善試合でネットを揺らし、チームの圧勝に貢献した 続きを読む>>