ニュース

2017.7.13

あの劇的決勝弾から3年、W杯の英雄が日本にやって来る!

あの劇的決勝弾から3年、W杯の英雄が日本にやって来る!

ドイツ代表がブラジル・ワールドカップを制してから今日で丸3年が経った。ドイツがアルゼンチンを下して通算4度目の世界王者になった2014年7月13日、リオデジャネイロで行われた決勝戦のピッチには現ボルシア・ドルトムント所属のマリオ・ゲッツェとアンドレ・シュールレの姿があった。

 

試合は90分を戦っても決着がつかず、0ー0のまま延長戦に突入。ここで一躍主役に躍り出たのが、ミロスラフ・クローゼとの交代で88分から出場していたゲッツェだった。延長後半8分、シュールレがドリブルで左サイドを突破して中央に折り返すと、ニアサイドでボールを受けたゲッツェが胸トラップから左足を一閃。これが値千金の決勝ゴールとなり、ドイツは世界チャンピオンになった。

 

ゲッツェやシュールレの来日までいよいよあと1日! ワールドカップの英雄たちのプレーを見逃すな!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「いつかは必ず復調できる」

2017.11.18

「いつかは必ず復調できる」

シュツットガルトでの試合を終え、BVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、前半の戦いにはポジティブな部分もあったとコメント。しかし後半は不満のたまる内容 続きを読む>>

オルナテッリのFKでエッセンに勝利

2017.11.18

オルナテッリのFKでエッセンに勝利

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは同じルール地方のロート=バイス・エッセンにアウェーで競り勝ち、レギオナルリーガ西部後半戦を白星でスタートした。照明の下、凍える寒さのな 続きを読む>>

「前半は比較的良かった」

2017.11.18

「前半は比較的良かった」

「序盤に失点したあと、いいパフォーマンスを見せてくれたが、詰めだけが欠けていた」。シュツットガルトでの試合後、ペーター・ボス監督はこう総括した。一方、マルセル・シュメルツァー 続きを読む>>