ニュース

2019.4.10

「BVBファミリーカップ」が3年目の開催へ

「BVBファミリーカップ」が3年目の開催へ

あらゆる年代の人々に人気があり、家族の絆を深める手段にもなっているサッカー。スタジアムに試合観戦に行ったり、仕事を終えたあとに公園でボールを蹴り合ったり、テレビで試合を観たりといった楽しみ方が一般的だが、我々が提案するのは、「世代を超えたサッカートーナメント」に参加してみること。ボルシア・ドルトムントでは、2年前にスタートしたイベントでの成功を受け、2019年もサッカー好きな子供から、母親、父親、おじいちゃん、おばあちゃんまでを招待し、「OPEL社主催のBVBファミリーカップ」を開催する。

 

このスペシャルトーナメントの最大の特徴は、そのチーム構成にあり、祖父母や両親が自分の子供たちや孫たちと同じチームでプレーできること。試合は、ちびっ子が中心になれるよう配慮された特別ルールの下で行われる。例えば、大人はヘディングでのゴールしか認められず、子供に対してファウルを犯した場合は2分間の退場が命じられる。とにかく子供たちを守ることが最優先! 試合はミニピッチで行われ、1チームに大人は2名まで、子供が5名以上含まれていることが条件となる。各チーム15名まで登録できるが、大人は自分の子供もしくは孫がいるチームでのみプレーが可能となる。

 

5月8日に開幕!

 

2019年のBVBファミリーカップでは、最大24チーム参加で7段階に分けて予選ラウンドを行う。まず5月8日にエッセンでスタートし、翌日はドルトムントへ。その後6月23日まで、ノルトライン・ベストファーレン州のエネペータルとキルヒフンデム、さらにドイツのほかの地域、ワイマールとマリエンベルク、そしてオペル社のあるリュッセルスハイムの5カ所でも予選が行われる。すべての試合会場にBVBのマスコット、エマが応援に駆け付ける予定。大会ではさまざまなブラック&イエロー応援イベントも開催され、BVBの移動ファンショップでユニフォームを買ったり、キックチャレンジでサッカースキルを試したりすることもできる。もちろん食べ物や飲み物の提供もある。

 

予選を通過したチームは、来シーズン開幕時のホームゲームの際に行われる2019年BVBファミリーカップ最終ラウンドに出場。この最終ラウンドに参加したチームはBVBのホームゲームに招待され、勝者はジグナル・イドゥナ・パルクのピッチで表彰される。カップに加え、貴重な賞品を手にできるほか、BVBを間近で体験できる。きっと忘れられないブラック&イエローな経験になるはずだ。

 

参加を希望する方はこちらから申し込み

 

 

【関連記事】
「ブラック&イエローファミリー」プロジェクト
家族チームのためのトーナメント!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バツケCEOが60歳に

2019.6.23

バツケCEOが60歳に

ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOが6月21日に60歳の誕生日を迎えた。サッカーを愛し、1960年代からブラック&イエローをサポートしている起業家は、20 続きを読む>>

フンメルスがBVB復帰へ

2019.6.20

フンメルスがBVB復帰へ

ボルシア・ドルトムントはDFマッツ・フンメルスを獲得することでFCバイエルン・ミュンヘンと基本合意に達した。   このセンターバックは 続きを読む>>

ファブレ監督、2021年まで契約延長

2019.6.18

ファブレ監督、2021年まで契約延長

ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が、2021年6月30日まで引き続きチームを率いることになった。   「BVBのチーム関 続きを読む>>