ニュース

2017.4.12

「BVBのチームバスを狙った攻撃」

「BVBのチームバスを狙った攻撃」

11日夜遅く、ドルトムント警察のグレゴア・ランゲ署長とザンドラ・リュッケ検察官が会見を行い、BVBのチームバスに対する爆弾攻撃に関して、現時点で判明している事柄を発表した。

 

ただ両者とも「捜査に関係する戦略的な理由」もあり、確実な情報を明かすことは控えた。現時点ではテロ攻撃かどうかはいまだ不明だ。

 

「攻撃の背景はわからない」としながらも、「BVBのチームバスを狙った攻撃」であると説明したランゲ署長は、次のように続けた。「中央欧州標準時19時15分、BVBチームが宿泊し、そこからスタジアムに向かったホテルの周辺で3つの爆発があった」

 

リュッケ検察官は「文書を発見」したことを報告し、「その信ぴょう性について詳しく調べることになる」と話した。

 

両チームの選手たちに関しては、その安全を守る対策が取られた。ランゲ署長は、「警察が重点を置くのはスタジアムおよびその周辺だ」とし、12日に順延された試合への対応も説明した。「明日は警官を大勢配備し、試合が安全に行われるよう人事を尽くすつもりだ」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
バルトラは腕と手を手術
「ショックを鎮める努力をしなければ」
「チームホテルの出口付近で爆発があった」
チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦は12日に順延

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

トゥヘル監督:「いいムードに水を差す理由はない」

2017.4.30

トゥヘル監督:「いいムードに水を差す理由はない」

ボルシア・ドルトムントは 続きを読む>>

「100年先まで続く絆」

2017.4.30

「100年先まで続く絆」

ボルシア・ドルトムントの南スタンドはやはり特別だ。 続きを読む>>

「決まったと思った」

2017.4.30

「決まったと思った」

一方的に押し込みながらもGKティモ・ホルンの牙城を崩せず、ホームで 続きを読む>>