ニュース

2018.4.25

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

しばらく前、ボルシア・ドルトムントは「BVBアマチュア支援イニシアチブ」を開始。当初、ベストファーレン地域のアマチュアクラブによるインフラプロジェクトを支援するための資金として、この活動に20万ユーロ(約2700万円)が割り当てられた。そして支援対象のクラブ数を増やすべく、予算は21万5000ユーロ(約2900万円)まで引き上げられている。

 

「アマチュアクラブの支援に関与する必要性を大いに感じている。ベストファーレンにおけるサッカーの模範的存在として、我々には草の根のサッカーにお返しをする責務があると考えている。草の根レベルのサッカーからは、ユース育成という面で我々は少なからず恩恵を受けている」

 

160以上のクラブがこの活動に参加し、予算総額は500万ユーロを超えている。各プロジェクトはそれぞれ長所を備え、支援する価値を持つ。アマチュアクラブがほぼボランティアで社会貢献を行っていることも、各プロジェクトで明らかにされている。

 

BVBの役員会は、支援対象のクラブ数を増やすために予算額を21万5000ユーロ強に引き上げることを決定。加えて、アマチュアサッカー界からの信頼に謝意を表すとともに、このイニシアチブを通した草の根サッカーの認知向上に期待を示した。

 

 

BVBの重鎮ボルフガング・パウル、弁護士のロビン・シュテーデン氏、BVBアシスタントコーチのヨルク・ハインリヒ、ベストファーレン・サッカー陸上協会のユルゲン・グロンジエフスキ地域議長で構成される審査委員会には、多数の要請から支援提供を行うプロジェクトを選び出すという難しい課題が与えられた。最終的に、老朽化したクラブハウスの改修から練習用ピッチの構築までにわたる11のプロジェクトが選出された。ザウアーラント、東ベストファーレン、ルール、そしてドルトムントのクラブが資金提供を受け、急を要する復旧や修繕、あるいは資金援助不足で断念したアイデアの実現に生かしていく。

 

11プロジェクトに21万5000ユーロ

 

アルンスベルクのSVヒューステン09、東ベストファーレンのTuSアイヒ・アンレーヒテとデルブリュッカーSC、ザウアーラントのキルシュパーSC、ドルトムント近郊のTSGヘルデケとSVプロイセン・リューネン、そしてDJKファルケンホルスト・ヘルネ、FSVビッテン、さらにドルトムントを本拠地とするVfRゼールデ、TuRaアセルン、メンゲデ08/20が対象11クラブだ。

 

メンゲデのマネージングディレクターを2001年のクラブ合併時から務めるヨーゼフ・トート氏はBVBのイニシアチブを喜び、次のように語っている。「とても重要なことだと思う。BVBがアマチュアクラブをこれほど大切にしてくれるのは、非常にいいことだ。この支援は本当に素晴らしい」。メンゲデは2015年の暴風雨で倒れた大木により、木製の古いスタンドが破壊された。その後スタンドの再建を試みていたものの、スポンサーが見つからず進んでいなかった。今回、再建設工事に1万ユーロの支援が提供された。

 

ヘルネのDJKファルケンホルストの関係者も、同様に喜んでいる。マネージングディレクターのライナー・ブルク氏とクラウス・マフネ会長は最近BVBの視察団を迎え入れ、近年絶えず修復している練習グラウンドの状況を説明した。こちらについては自力でなんとかしているが、クラブハウスの改修にはドルトムントの支援が必要だった。「我々は非常に詳しい申請書をまとめ、検討してもらえることを願っていた。ボルシア・ドルトムントがこれほどの額を我々に割り当ててくれたことは、非常に大きな驚きだった。素晴らしいことだと思うよ!サッカーはアマチュアスポーツを土台に栄えている。だからこそ、BVBが我々の支援に取り組んでくれ、アマチュアクラブのために善意を示してくれているのは、非常にいいことだと思う」

 

 

文:イェンス・フォルケ

 

【関連記事】
ケールが6月1日から入閣
バイデンフェラーの引退試合開催が決定!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

2018.8.13

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

DFBポカールのフュルト戦が8日後に迫った12日、ボルシア・ドルトムントはセリエAのラツィオとエッセンで対戦。序盤に生まれたマルコ・ロイスのゴールで1-0(前半1-0)と競り 続きを読む>>

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018.8.12

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018-19シーズン最初の公式戦まで9日と迫った11日、ボルシア・ドルトムントはファンと共に新しいシーズンの幕開けを祝った。クラブはジグナル・イドゥナ・パルクで毎年恒 続きを読む>>

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

2018.8.9

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

バート・ラガーツ合宿は終了。8日で計15回の集中トレーニングとテストマッチ3試合をこなしたチームは、ドルトムントへ戻った。金曜日からは準備の最終段階がスタート。そして8月20 続きを読む>>