ニュース

2017.4.19

「2点差で勝つためにここに来た」

「2点差で勝つためにここに来た」

チームバスが爆破被害に遭い、そのショックを引きずったまま翌日の準々決勝第1戦を2-3で落としたのは、わずか6日前のこと。しかし事件はすでに過去のものとなり、チームもコーチ陣も平常に戻ったように見える。「この大会に勝ち残るために全力を尽くしたい」とトーマス・トゥヘル監督は宣言した。

 

ボリス・ルパート(モナコ)

 

「第1戦にはサッカーをする準備が整っていない状態で臨むことになった」。トゥヘル監督はそう話すと次のように続けた。「まだ事件のことを乗り越えたわけではないが、気持ちは落ち着いてきた。我々は非常に集中しているし、この試合のことだけを考えて戦いたいと思っている。形勢をひっくり返すにはトップパフォーマンスが必要になる。我々は2点差で勝つためにここに来た」

 

BVBに必要なのは2-0または3-1、もしくは4ゴール以上を挙げての勝利だ。「準決勝進出が我々の夢だ。この大会に勝ち残るために全力を尽くしたい」とトゥヘル監督は記者会見で話した。「状況は非常に複雑だ。相手チームにはクオリティーの高い選手が大勢いるしね。我々は激しく効率的に、そしてマルコ(・ロイス)のような特別な選手の力も借りて戦う必要がある」

 

【関連記事】
モナコ戦の予想スタメン
CL通算100試合目に挑むBVB
クラブ史上初の快挙を!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>