ニュース

2019.1.18

「12月のパフォーマンスを維持したい」

「12月のパフォーマンスを維持したい」

ウインターブレークは終了し、ボルシア・ドルトムントはRBライプツィヒとのアウェーゲームからブンデスリーガ後半戦をスタートさせる(日本時間20日午前2時30分キックオフ)。首位で再開初戦を迎えるBVBにとって吉兆は、2004年を最後に年明け最初のリーグ戦では負けていないということ。2005年から14年間の戦績は8勝6分け。19日夜もこの流れをキープしたいところだ。

 

チームにはリラックスした空気が流れている。「リーグがまた始まるのが楽しみだ。7、8日の休暇は短かった」と話したルシアン・ファブレ監督に続き、スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは次のように語った。「チームはリーグ再開を待ち望んでいる。パフォーマンスに関しては12月の内容を維持できればと思っている。そのためには戦闘モードに戻ることが何より重要だ。シーズン前半戦と同じアプローチで試合に臨む必要がある」

 

ライプツィヒを「非常にいいチーム」と評価したファブレ監督は、前線へのロングボールとボール奪取後の素早い連係プレーに警戒するようチームに訴えた。

 

マヌエル・アカンジとダン=アクセル・ザガドゥ以外は全員出場できる状態だ。アブドゥ・ディアロは「合宿の半ばから全体練習に復帰し、すべてのメニューをこなしている。確実にメンバーに入るだろう」とファブレ監督は明かした。太ももの筋肉を痛めていたパコ・アルカセルもコンディションが戻った。「まだ90分フル出場した試合はないが、今回もプレーすることは間違いない」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ライプツィヒ戦の事前情報
ツォルクSD:「練習モードから戦闘モードへ」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>