ニュース

2017.9.10

「1点を奪う時間は十分にあった」

「1点を奪う時間は十分にあった」

敵地でフライブルクと0-0で引き分けた一戦を終え、ボルシア・ドルトムントの陣営は一様に不満を示した。「この結果には満足できない」と語ったのはスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク。ペーター・ボス監督は2人の負傷者についても言及し、「マルク・バルトラはそけい部を、マルセル・シュメルツァーは足首を痛めた。シュメルツァーのほうが深刻な状態だが、とにかく検査結果を待つしかない」と話した。

 

ペーター・ボス監督:失望している。ドルトムントが勝たなければいけない試合だった。1人多くなってから1時間もあれば、1点を奪う時間は十分にあったはずだ。今日は自分たちの力を出し切ることができなかった。勝ち点2を取りこぼしたと考えている。マルク・バルトラはそけい部を、マルセル・シュメルツァーは足首を痛めた。シュメルツァーのほうが深刻な状態だが、とにかく検査結果を待つしかない。

 

ロマン・ビュルキ:1ポイントしか獲得できず残念だ。僕らは1人多い状況で60分間プレーし、フライブルクを自陣ゴール前に釘付けにした。でも最終的には必死に戦った彼らが勝ち点1を奪うにふさわしかったと思う。

 

 

ゴンサロ・カストロ:主審が序盤にファウルの判定基準を明確にせず、警告を出すことを躊躇していたのは問題だったね。その後も危険なファウルに値するプレーが続き、うちの選手がまた負傷してしまった。シュメレが重傷でないことを願っている。

 

ミヒャエル・ツォルクSD:この結果には満足できないし、1人多くなったあとのプレーにも納得していない。やや不運な場面も何度かあったのは事実だが、もっと多く、もっといいチャンスをつくってゴールを奪わなければいけなかった。勝ち点1を持ち帰ることしかできなかったのは、我々にとって不満が残る結果だ。

 

「マルセル・シュメルツァーが早く復帰できることを願う」

 

クリスティアン・シュトライヒ監督(フライブルク):全体的にいいプレーができた。レッドカードを出されるまでは攻守の切り替えもよく、いいサッカーができていたと思う。その後もうちはしっかりと守り、戦術的にも非常にいい戦いができていた。退場者を出した場面では、タックルが遅すぎて足首を踏む形になってしまった。あのプレーはレッドカードを出されてもしかたない。マルセル・シュメルツァーが早く復帰できることを願うばかりだ。

 

会見の模様はBVBtotal!で視聴可能

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

 

【関連記事】
0-0:数的優位を生かせずスコアレスドロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>