ニュース

2016.11.20

「難しい試合だったが最高のパフォーマンス」

「難しい試合だったが最高のパフォーマンス」

ボルシア・ドルトムントがFCバイエルン・ミュンヘンに競り勝った一戦を終え、トーマス・トゥヘル監督、ピエール=エメリク・オーバメヤン、ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは上機嫌でSkyのインタビューに対応。BVBの指揮官は「我々のパフォーマンスが最高だった」と振り返った。

 

トーマス・トゥヘル監督:バイエルンを倒したという事実がすべてを物語っている。非常に難しい試合で、本当に苦しい局面が何度もあったが、そうなることは最初からわかっていた。バイエルンと同じリングに上がれば、一発もパンチを食らわずに試合を終えられるはずがない。最後まで戦い続けることが大切で、それが我々のモットーだ。たとえ何が起こっても、どれだけ苦しんだとしても、最後まで諦めずに一丸となって戦い、勇気を失わず、ゴールを守り続けること。終盤に何度か危ない場面をつくられたが、決定的なチャンスはおそらく一度も与えなかったはずだ。我々のパフォーマンスが最高だったことの証だね。

 

 

ピエール=エメリク・オーバメヤン:僕のゴールは自分だけでなく、スタジアム全体の心を大きく突き動かした。ピシュとマリオが最高のチャンスをつくってくれたね。勝てたことが本当に嬉しい。ゴール後の腕立て伏せは、スタンドから観戦してくれていた友人のためにやったんだ。試合前に約束していたからね。後半にも決定機を迎えたけど、右足で撃たなかったのは僕のミス。どうにか勝つことができてよかった。

 

ハンス・ヨアヒム・バツケCEO:近年に何度かバイエルンを倒していたが、ホームでは2012年を最後に勝てていなかった。両チームとも素晴らしいパフォーマンスを披露し、極めてエキサイティングな試合になったが、幸運なことに我々がポジティブな結果を残した。地元サポーターの前でバイエルンを倒すために4年もの月日を要したが、このチーム、クラブ、そしてファンのために最高の一日になった。戦術的にも申し分のない準備ができていて、我々全員にとって極めて重要な勝利だ。私はこれまで、このチームにはどんな相手でも倒す力があると言い続けてきたが、この勝利が今シーズンにどれほどの意味をもたらすのかはわからない。とにかく目の前の試合に集中し、(レギア・)ワルシャワと(アイントラハト・)フランクフルトを倒すことに集中する。

 

 

「受け入れるしかない」

 

フィリップ・ラーム(FCバイエルン・ミュンヘン):前半を中心にラストパスの精度が悪く、それさえ改善できれば多くのチャンスをつくれていた。ドルトムントが1-0で勝利を収めたという事実を受け入れるしかない。誰もが願っていたように、ブンデスリーガの優勝争いは混沌としてきたね。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

【関連記事】
BVB、ホーム無敗記録をさらに更新
バイエルン戦、写真ギャラリー

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

2017.6.23

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

ボルシア・ドルトムントは1957年6月23日に新たな歴史をつくった。ヘルムート・シュナイダー監督率いるチームが成し遂げた空前の偉業は、それから60年が経った今も繰り返されてい 続きを読む>>

浦和戦まであと21日!

2017.6.23

浦和戦まであと21日!

ボルシア・ドルトムントが浦和レッズと対戦する7月15日(土)の「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」まで、いよいよあと21日!   続きを読む>>

負傷のゲレイロ、骨折は回避

2017.6.22

負傷のゲレイロ、骨折は回避

ボルシア・ドルトムントにポルトガル代表チームから連絡が届き、コンフェデレーションズカップのロシア戦で足首を痛めたラファエウ・ゲレイロは打撲で済んだことが判明。骨折でなかったの 続きを読む>>