ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.11.22

「野性のメンタリティ」で大一番に勝利

「野性のメンタリティ」で大一番に勝利

後半ロスタイム4分。バイエルン・ミュンヘンのペナルティーエリアのすぐ外側でFKを蹴ろうとしたマルク・バルトラから、トビアス・シュティーラー主審がボールを受け取った。この瞬間、スタジアムはまるでBVBがトロフィーを獲得したかのように盛り上がった。

 

バイエルンを1-0で破ってもトロフィーを手にできたわけではないが、決して理想的なチーム状態でなくても(シュールレとシュメルツァーの先発出場はそれぞれ9月10日と10月14日以来)ビッグマッチに勝つ力があることをBVBは証明した。ブンデスリーガで3分け1敗と4試合勝ち星のなかった難局のあと、ハンブルクにアウェーで5-2と快勝したBVBは、中断期間を経てバイエルンに勝利。国内と欧州の両方に明確なシグナルを送った。「バイエルン・ミュンヘンを倒すことに勝るものはない」。ハンス=ヨアヒム・バツケCEOは土曜日の総会でこう喜んだが、この気持ちはBVBファンにしか理解できないかもしれない。ドルトムントのパブでのお祝いは、夜が更けるまで続いた。

 

オーバの今季12ゴール目が決勝点に

 

BVBはこれで公式戦で8試合連続無敗としたが、リーグでの2連勝がクラブにとって大きなターニングポイントになると、シュールレはみている。「この流れに乗らないとね。そうすればウインターブレイクまで好調を維持できる」。それはトーマス・トゥヘル監督も望むところだろう。バイエルン戦の直前にマルコ・ロイス、ラファエウ・ゲレイロ、エムレ・モルの3選手の起用をあきらめた指揮官は、試合前にこう語っていた。「現時点ではその日暮らしをしているような状況だ。それでも試合では果敢に攻撃し、自分たちのスタイルを貫き、順位表でも上位に食らいついていく。そしてどんなに遅くともシーズン後半には、安定した戦いを取り戻して勢いを増していきたい」

 

 

バイエルンを1-0で破ったことで、その望みに大きく近づいた。来季UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージの出場圏内である3位に復帰したのは、第6節以来のこと。バイエルンとの勝ち点差は3ポイントに縮まり、まさかの首位に立つライプツィヒまでは6ポイントとなっている。とはいえ、3位に入っているのはプラス14という得失点差のおかげで、同じ勝ち点21に5チームがひしめく混戦状態だ。バツケCEOも「バイエルン戦の勝利に続く結果を土曜日にフランクフルトで」出し、勝ち点で並ぶアイントラハト・フランクフルトを引き離す必要があると感じている。

 

前半に輝いたゲッツェ

 

チームに勇気を求めたトゥヘル監督は、前線にストライカー2人を並べる3-1-4-2でバイエルンに挑んだ。オーバメヤンとラモスの同時先発は、これが初めてだった。少なくとも最初の20分間はBVBがゲームを支配。バイエルンを恐れることなく序盤からプレスをかけ続け、戦術的規律を保って戦った。攻撃のタクトを振ったのは、闘志みなぎるマリオ・ゲッツェ。ほぼすべてのボールの奪い合いに勝ち、BVBのすべての攻撃に絡んだ。そして11分、オーバメヤンが先制点、そして決勝点となるゴールを決めた。

 

先制点を仲間と喜び合うゲッツェ

 

ピシュチェクがペナルティーエリアの右サイドにいたゲッツェへフィード。その横パスがゴールエリアを横切ると、オーバメヤンが滑り込みながらボールを押し込んだ。20分過ぎにはシュールレに追加点のチャンスが訪れたが、オーバメヤンのマイナスのパスに合わせたハーフボレーはノイアーの正面へ。後半開始後、オーバメヤンは46分、48分と立て続けに狙い、70分にはアロンソのパスをカットしてノイアーと1対1になったものの、追加点は奪えない。後半を支配したのはバイエルンで、最後まで攻め続けたが、オフサイドの判定で認められなかったリベリのゴールと枠を叩いたアロンソのシュートを除けば、BVBが肝を冷やした場面はなかった。

 

「我々は野性のメンタリティを見せた」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクはチームを称賛し、こう続けた。「それによって競り勝つことができた。守備陣は非常によく守った。バイエルンは得点のチャンスをほとんどつくれなかった」

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
「難しい試合だったが最高のパフォーマンス」
「勝利に酔いしれている」
「この調子を維持しなければ」
BVBのレジェンド、“アキ”に最後のお別れ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

『BVB World』Episode18

2016.12.2

『BVB World』Episode18

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode18を公開する。 &nbs 続きを読む>>

『BVB World』Episode16

2016.12.2

『BVB World』Episode16

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode16を公開する。 &nbs 続きを読む>>

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

2016.12.2

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

ボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦する2017年最初の試合(1月21日)の前と直後に親善試合を戦う。1月17日(火)にはSCパーダーボルン、1月22日(日)にはロート= 続きを読む>>