ニュース

2019.2.3

「興味深い激戦」

「興味深い激戦」

「激しく攻守が切り替わるゲームだった」。特に前半、白熱の戦いとなったアイントラハト・フランクフルトとの試合を、ルシアン・ファブレ監督とロマン・ビュルキは同じ言葉で表現した。一方マルコ・ロイスは、「僕らは自分たちのことだけに集中すればいい。あとは自動的に起こることだから」とコメント。フランクフルト戦を終えた直後の反応をまとめた。

 

ルシアン・ファブレ監督:非常に興味深い激戦だった。激しく攻守が切り替わるゲームだったね。最初の15分は苦労した。フランクフルトが高い位置からプレスをかけてきたため、プレーをコントロールするのもボールを支配するのも難しかった。その時間帯が過ぎてからは少し改善され、とてもいい得点チャンスをいくつかつくった。後半も両チームともよく戦い、どちらも勝利への意志を見せたと思う。ただもう少しうまくやらなければならない場面も3、4度あった。勝利を目指していたことは確かだが、1-1の引き分けで我慢するほかない。

 

ロマン・ビュルキ:激しく攻守が切り替わる試合だった。うちがカウンターを仕掛けたときはサイドがガラ空きだった。でも相手もうまく戦ったよ。フランクフルトの強みは攻撃にある。それは今日、見ていてわかったと思う。フィジカルの強さで存在感を発揮する場面も多かった。それでも前半は僕らのほうが惜しいチャンスをつくった。互角の戦いだったと思う。満足はしていないけどね。

 

マルコ・ロイス:いつも言っていることだけど、僕らはすべての試合に勝ちたいと思っているし、そういう気持ちで戦っている。僕らは自分たちのことだけに集中すればいい。あとは自動的に起こることだから。

 

採録:クリスティーナ・ラインケ

 

【関連記事】
ロイス、自己最速ペースでゴールを量産中
フランクフルトとの熱戦は1-1で終了

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>