ニュース

2015.11.1

「自分たちの状況しか見ていない」

「自分たちの状況しか見ていない」

ベルダー・ブレーメンに敵地で3-1と勝利し、ブンデスリーガ2位の座を固めたボルシア・ドルトムント。しかしトーマス・トゥヘル監督にとってリーグ順位は、次節のルールダービーほどの興奮は与えないようだ。「5日にはヨーロッパリーグの重要な一戦も控えている」と指揮官は話した。

 

ブレーメン戦について:
前半はあまりうまくいかず、ブレーメンのカウンター攻撃を1つも止められなかった。2-1とリードしてハーフタイムを迎えられたのは、間違いなくラッキーだったね。しかし後半の45分間についてはこの上なく満足している。チームは集中力を切らさず、何度も決定機をつくり出した。本当に満足のいく戦いだった。チームに大きな大きな賛辞を送りたいね。

 

リーグ順位について:
順位表に関しては、自分たちの状況しか見ていない。チームも自分たちのことだけに集中できているようだ。この調子で進んでいく必要がある。まだ何も手にしていないのだからね。

 

マルコ・ロイスのパフォーマンスについて:
彼は、いかにハードワークを厭わない選手であるかを常に示してくれる。たとえうまくいっていない状況でもね。自分に何ができるかわかっているから、常に自信に満ちあふれている。今は彼が好調なので、チーム全体の気分が上がっているよ。

 

ルールダービーについて:
まだそれほど気持ちは高まっていないが、当然ながらみんな試合を楽しみにしている。だがその前にヨーロッパリーグのガバラ戦をこなさなければならない。5日はグループステージ通過を確定させたい。今はそのことしか考えていないよ。

 

【関連記事】
3-1:ロイス2発、敵地ブレーメンで勝利
トゥヘル監督:「チームに大きな大きな賛辞を送りたい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>