ニュース

2019.8.16

「簡単な相手などいない!」

「簡単な相手などいない!」

ブンデスリーガがいよいよ開幕 ―― 新シーズン初戦を控えるボルシア・ドルトムントに朗報が届き、マテウ・モレイとラファエウ・ゲレイロを除くファーストチームの全選手がプレー可能な状態となった。

 

2019-20ブンデスリーガ最初の試合前会見に臨んだファブレ監督は「すべての試合に勝ちたいが、このリーグに簡単な相手などいない。言うまでもなくFCアウクスブルクも含めての話だ」と語った。シーズン初戦から指揮官の要求は高いものの、ブラック&イエローはゲレイロ(筋肉の負傷)とモレイ(肩の脱臼)以外のフルメンバーで開幕戦に臨むことができる。

 

それはつまり、土曜日には力のある選手さえもベンチスタートの可能性があることを示唆している。このように難しい判断を下さなければならない状況で1対1の話し合いの重要性を質問されると、スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは次のように語った。「クラブとして高い目標を設定しており、それをはっきり伝えてある。その目標を達成するには強力なメンバーが必要であって、ポジション争いも避けられない。選手一人ひとりがプロフェッショナルに対応してくれることを期待している」。ファブレ監督も同調する。「数人がベンチに回ることになる。どんな世界でも競争はあり、サッカーだけが例外ではない。それは選手たちもわかっている。これがサッカーだ」

 

 

「シーズン開幕が楽しみ!」

 

新シーズン開幕を心待ちにしているのは、選手やファンだけではない。「またすべてが始まることを嬉しく思う。我々はすでにスーパーカップとDFBポカールで重要な試合を戦っているが、それとブンデスリーガの開幕戦はまったく別だ。水泳に例えるなら、プレシーズンは子供用のプールで泳いでいるようなものだからね」と話したのはツォルクSD。ファブレ監督も同じく大きな期待を抱いているが、気の緩みを排除するために敢えて慎重な言葉を選んだ。「プレシーズンでは結果を残すことができた。しかし私がいつも言っている通り、いい仕事を継続できなければならない。どんなチームでもそうだが、我々もギアをトップに入れるまでに2、3週間はかかるだろう。いずれにせよ、誰もがシーズン開幕を楽しみにしているよ!」

 

【関連記事】
手強い相手、ゴールラッシュの予感
移籍金収入を含めない収益は過去最高
BVB財団、乳児用寝袋の寄付を継続

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>