ニュース

2020.1.23

「監督冥利に尽きる」

「監督冥利に尽きる」

ブンデスリーガの2020年ホーム初戦に先立つ会見で、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が記者陣の質問に答えた。

 

新戦力のアーリング・ホーランドについて、「常にフルスロットルでトレーニングに励んでいる」とファブレ監督は明かした。19歳のノルウェー代表フォワードは、先週末のFCアウクスブルク戦で後半途中に移籍後初出場。見事なハットトリックを決めて自らのデビューを祝っている。「たとえ練習であっても、チャンスを逃せば怒りを隠さない。こういう選手を指導できるのは監督冥利に尽きるね。彼がチームに幸せをもたらしてくれる。それは全員にとってプラスになることだ」と続けたファブレ監督は、同じくアウクスブルク戦でブンデスリーガ初出場を果たしたジョバンニ・レイナについても賛辞を惜しまなかった。「トレーニングを見ていれば、特別な選手であることがわかるはずだ。正しいポジショニングで正しいプレーをする。17歳という年齢を考えても、非常によくやってくれているよ。この調子でプレーし続けていれば、いずれ選手として大成するに違いない」

 

ディレイニーとザガドゥが離脱

 

1FCケルンをホームに迎えるBVBは、トーマス・ディレイニー(ひざ)とダン=アクセル・ザガドゥ(肉離れ)を欠くことになる。だがその一方で、マルセル・シュメルツァーとトビアス・ラシュルが今週から全体練習に復帰したという朗報も届いている。

 

ケルンに勢い

 

ケルンは直近4試合でバイヤー・レバークーゼン、アイントラハト・フランクフルト、ベルダー・ブレーメン、VfLボルフスブルクと対戦し、4連勝で13位に浮上するなど勢いに乗っている。「ケルンはこのところ非常に安定している。チームとしてまとまりが出てきた上、多くの若手を起用するようになってきた。その2つの要素がうまく融合している」と62歳のスイス人指揮官は話した。ただしデータを振り返れば、BVBの勝利を予想する声が多くなるはずだ。ブラック&イエローはケルンに対し、ホームで19戦無敗(15勝4分け)を継続中。BVBがこれだけ長く負けていない相手は他にいない。

 

【関連記事】
500人超がファン代表者会合に参加
いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

2020.2.20

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

22日のブンデスリーガで104回目の対戦を迎えるベルダー・ブレーメンとボルシア・ドルトムント。ブレーメンはBVBがドイツ1部リーグで最も多く戦っている相手になる。日本時間23 続きを読む>>

来季からユニフォームスポンサーが2社に

2020.2.20

来季からユニフォームスポンサーが2社に

ボルシア・ドルトムントのユニフォームスポンサーが2020-21シーズンから2社に増えることになった。2020年夏以降は化学工業グループ企業のエボニック、テレコミュニケーション 続きを読む>>

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

2020.2.20

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

ボルシア・ドルトムントがトップス社と新たな提携。同社はBVBの2020年サマーツアーの商業パートナーとして、ブラック&イエローおよびブンデスリーガのファンに様々なコレクターズ 続きを読む>>