ニュース

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった」と嘆いている。

 

ユリアン・バイグル:「開始当初はいい感じだった。うまく試合に入り、セカンドボールを拾い、アグレッシブにボールを奪いにいっていたからね。けど、決定的なチャンスをつくれなかった。ボールは支配できたけど、ミスが繰り返し起きた。悪いピッチを言い訳にはできない。グループ突破は、これでものすごく難しくなってしまったね」

 

クリスティアン・プリシッチ:「複雑な試合だった。失点して状況は一層難しくなってしまった。あらゆる手を尽くしたけど、引き分けるのが精一杯だった。相手を軽く見てはいなかったけど、これほど難しい試合になるとはね。僕らは勝利を必要としている。これからは全部勝っていくしかない」

 

【関連記事】
1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ボールを失う度に速攻を許した」

2018.9.23

「ボールを失う度に速攻を許した」

ボルシア・ドルトムントは22日の試合で 続きを読む>>

強い気持ちで勝ち点1を獲得

2018.9.23

強い気持ちで勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントはまたしても精神力の強さを見せつけ、 続きを読む>>

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

2018.9.23

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

ボルシア・ドルトムントがTSGホッフェンハイムの本拠地に乗り込んだ試合で、アウェー席の一部のファンから容認しがたい行為が見られた。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは試合中にホッ 続きを読む>>