ニュース

2019.5.6

「最後まで戦い抜くことができなかった」

「最後まで戦い抜くことができなかった」

敵地ブレーメンで2-2のドロー ―― ファンにとっては見どころの多い好ゲームだったかもしれない。そして第13節を最後にホームで負けていない難敵に対し、45分まで、あるいは70分までいいプレーが見られたことは、これが第32節ではなく、第22節であれば、また違う文脈で振り返ることができたのかもしれない。

 

だがこの結果、ボルシア・ドルトムントは残り2試合で首位FCバイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差が4ポイントに開いてしまった。バイエルンは残るRBライプツィヒ戦(アウェー)とアイントラハト・フランクフルト戦(ホーム)に引き分けたとしても、得失点差でBVBを上回る可能性が高くなっている。ブラック&イエローが対戦を残す相手は、フォルトゥナ・デュッセルドルフ1895(ホーム)とVfLボルシア・メンヘングラットバッハ(アウェー)の2チームだ。ユリアン・バイグルは11日夜「計算上はまだ優勝の可能性が残っている」と語った。トーマス・ディレイニーも「まだ完全にノックアウトされたわけではない。間違いなく非常に厳しい状況に追い込まれたけどね」と話す。一方、TV番組「Aktuelle Sportstudio」のインタビューで、BVBスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは次のようにコメントした。「我々は夢想家ではない。数字の上ではまだ可能性があるとはいえ、ポールポジションを獲得しているのはバイエルンであり、さらにリードを広げられてしまった。勝ち点3を奪わなければいけなかった」

 

その勝ち点3を手中に収めていたはずだった。ホームで強さを発揮しているSVベルダー・ブレーメンを押し込んだBVBは、クリスティアン・プリシッチ(6分)とパコ・アルカセル(41分)のゴールで前半に2点を先行。その後も何度となくゴールに迫り、3点目を奪っていてもおかしくなかった。しかし、相手GKイジー・パブレンカの牙城を崩すことができず、少なくともマリオ・ゲッツェ(14分)とディレイニー(55分)、アルカセル(65分)のシュート3本を見事なセーブで防がれてしまう。「前半の内容は素晴らしかった。攻撃を繰り出す度に何度も危険な場面をつくっていた」とツォルクSDは続けた。

 

後半立ち上がりにはペースを緩め、相手を待ち構えるようになったBVBだったが、それでも試合をコントロールすることはできていた。主導権を明け渡した時間帯について、ルシアン・ファブレ監督は「前半のうちに3-0にできるチャンスが何度もあった。同じく後半にも。チャンスを得点に結びつけることができず、それ自体はしかたのないことだが、それでも落ち着いてプレーしなければならない」と振り返る。ケビン・メーバルトのシュートが股間を抜けるという大きなミスを犯したのは、皮肉なことに、今シーズンのキッカーレーティングで1位につけるBVBの守護神ロマン・ビュルキだった。しかしツォルクSDの信頼は揺るがず、「ロマンは今シーズン、何度となくチームを救ってくれている」と弁護した。

 

この日はミスが連鎖した。マヌエル・アカンジがブレーメンの左SBルドビク・アウグスティンソンにゴールライン際でボールを奪われ、クラウディオ・ピサロに折り返されて同点ゴール(75分)を許した場面について、ツォルクSDは「マヌはコーナーキックにするつもりだったが、最悪の対応になってしまった。2つのミスで勝ち点2を取りこぼすことになった」と肩を落とした。

 

「後半途中から試合の主導権を明け渡してしまった。最後まで戦い抜くことができず、逃げ切ることもできなかった。優勝を狙うのであれば、あのようなミスがあってはならない」とスポーツディレクターは付け加えた。

 

BVBはクラブ歴代4位の勝ち点70を獲得しているが、それでも「2位に終わる」可能性が高くなってしまった。だが、ほんの1年前のBVBは、どうにか4位でフィニッシュしたような状態だった。だからこそツォルクSDも、「バイエルンと優勝を争っている」今シーズンは多くの収穫を得ていると確信している。しかも、そのシーズンはまだ終わっていない。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
バイグル:「なんとも腹立たしい気分」
「ブレーメンに付け入る隙を与えた」
アルカセルがディッケルに並ぶ
ファブレ監督:「ロマンは何度もチームを救ってきた」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アウクスブルク戦の予想スタメン

2019.8.16

アウクスブルク戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第1節でFCアウクスブルクを本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間22時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバ 続きを読む>>

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019.8.16

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019-20シーズンのブンデスリーガ開幕に先立ち、ボルシア・ドルトムントはドイツのオンラインバンク、コムディレクト銀行とバンキングパートナー契約を結んだ。長期に及ぶ両者の協 続きを読む>>

「簡単な相手などいない!」

2019.8.16

「簡単な相手などいない!」

ブンデスリーガがいよいよ開幕 ―― 新シーズン初戦を控えるボルシア・ドルトムントに朗報が届き、マテウ・モレイとラファエウ・ゲレイロを除くファーストチームの全選手がプレー可能な 続きを読む>>